人気ブログランキング |

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。
北のほうでは寒波に見舞われているようですが、東京は比較的穏やかなお正月でしたね。
みなさまには良いお正月をお過ごしでしょうか?

東京パソコンスクール三鷹校は、今年も、中高年のみなさまや初心者にやさしい教室、
親しみを持っていただける教室として努力してまいります。

最近、とみに増えてきた機械任せのような教室がありますね。
もう一台のモニターのビデオとヘッドフォンからの音声を一人で見聞きしながら、
そのとおりに自分でやって進むというパソコン教室です。 

失礼ながらやはり機械主導なので、どうしても生身のインストラクターの影が薄いようです。
現にそういう教室に通っていた生徒さんのお一人曰く、「若いセンセイは、日本語も何か
よく通じないような話し方で、質問しても聞きたい答えは帰って来ない」のだと。
それでは当然居心地は良くありませんね。
問題はむしろ、何を教えるかではなく、誰が、どう教えるか、ですね。

当校はこういう声を他山の石とし肝に銘じて、今年もがんばって行きたいと思っています。
"人間主導"で(・・・どこかで似たようなセリフがありましたが?)、それも生徒さんたちの
気持ちを受け止められる、人間らしい暖かい人間が居る教室として、みなさんがパソコンと
より近くなるための橋渡し役をして行きたいと願っております。

どうぞ、本年もよろしくお願い申し上げます。                                                                                                                                                               

# by mitakamusasino | 2010-01-06 18:05 | 三鷹校 | Comments(0)  

良いお年をお迎えください!

今年もとうとう暮れようとしています。
21世紀に入るというのでパソコンの世界をはじめ、"ミレニアム"騒ぎをしてから早や10年と
いうわけです。

今年も皆さまに、ほんとうにお世話になりました。心から感謝を申し上げます。
昨年末に続く今年の大不況のさなかにもかかわらず、地域や生徒の皆さまに支えられて、
東京パソコンスクール三鷹校は、変わらず元気にがんばって来ることができました。

新年もまた変わらず、いえ、キャッチフレーズの「"わからない"が言いやすい教室」
として、若い方にも中高年の方々にもますます愛される教室をめざして、スタッフ一同、
一層の精進をしてまいりますので、どうか2010年もよろしくお願い申し上げます。

下の写真は、前回ご紹介した鈴木さんの、シニアボランティアの報告書
 『聴覚障害者の眼で見た マレーシアの実情』 の表紙になっている写真です。

もう一枚は、この年末に三鷹駅北口が演出したイルミネーションです。
南口は以前からイルミネーションの並木がきれいでしたが、吉祥寺にはかなわない
としても、不況にめげないぞっ!という意気込みの感じられる、がんばった北口でした。
1月末まで見られます。

皆さまにとって、来年もどうか健康で良いお年でありますように!
心からお祈り申し上げます。

d0076971_18153180.jpg

d0076971_18161224.jpg

# by mitakamusasino | 2009-12-28 18:20 | 三鷹校 | Comments(0)  

”あきらめなければ夢はかなう”

12月15日に榎本オリジナルヨガ健康協会の榎本美代子さんの、お誕生日を兼ねたクリスマス会が、渋谷の『青い部屋』で催され、招待されて行ってきました。
榎本さんは当パソコンスクールに長年通われている方で、その榎本ヨガの生徒さんも何人か当スクールに来てくださっています。会場で、その中のお一人、Tさんにもお会いできて、嬉しくなりました。
ヨガの生徒の皆さん、若い方から80代の方まで会場いっぱいに埋め尽くして、大盛況でした。

榎本さんは長年、歌を歌いたいという夢を持ち続け、数年前にシャンソンの戸川昌子さんと出会い、一歩ずつ着実に力をつけられて、毎年コンサートを開くまでになりました。
素晴らしいですね。榎本さんは「あきらめなければ夢はかなう」を実現されています。
また、ゲストの戸川さんの歌は『銀巴里』時代から聴いておりますが、年を重ねて、いろいろと経験
されてきたことが、歌の色艶となり味わい深いものとなっています。

またシャルル・アズナブールの歌で、ろう者を好きになったけれど、心を通じえない孤独を、
手話をまじえながら歌われました。指先に豊かな感情表現を感じ、こういう歌はシャンソンならではと感動しながら楽しいひとときを過ごしました。
私もアズナブール作曲、なかにし礼の訳詩「ラ・ボエーム」が好きでよく歌います。
お二人をはじめこの会場の皆さんに、これからの高齢化社会は私たちが主役だ! というような元気をいただくことができました。

この秋にも、知人の73歳の鈴木義夫さんが、海外シニア・ボランティアで1年2ヶ月にわたってマレーシアへ行って来られ、その報告書を出版したいということで、当スクールに見えました。
当スクールとしても応援とお手伝いをしたいと思い、20数年来のお付き合いのある㈱サンユーさんという印刷会社を紹介して、立派な報告書が完成しました。
ハリマオ伝説のマレーシアは、日本人が400年以上の白人支配を打ち破り、マレー人の独立に大きな役割を果たしていることなどから、大変な親日国であることなどは意外と知られていないことですね。
マレーシアの生活、習慣、今後の問題点などが詳細に書かれています。
これからボランティアをしようという人たちの貴重な指針となるでしょう。
実は、聴覚障害者では初の海外シニア・ボランティアだそうで、鈴木さんはパイオニアです。

昔、日本で最初の聴覚障害者の弁護士といわれる、松本晶行弁護士の講演を聴いて刺激を受け、自らも弁護士になったというろう者が2人います。
鈴木さんのこの本を読んで、同じく後に続く人が出てくることを信じてやみません。この本が500円ではとても安いと思います。
当スクールにも置いてありますので、どうぞお読みくださいますように。
ちなみに当教室には、日本手話通訳士のインストラクターが居りますので、ろう者には手話でご指導しています。

下のお花は、これも当スクールの生徒さんが、定年退職した今年に根気強く仕上げてくださった、手作りのお花です。とてもパンの粉などでできたものとは思えない見事なものです!
上記の皆さんは、いくつになっても人は自分なりの人生を豊かにすることができ、なにごとも「もう遅い」ということはないことを実践され、教えてくださっています。
  mitakamatu

d0076971_17284069.jpg

# by mitakamusasino | 2009-12-21 13:49 | 三鷹校 | Comments(0)  

お待たせしました。 ホームページ再開しました!

たいへんお待たせいたしました! 当校ホームページは10月9日に再開されました。
ドメイン(URL)が変わりましたので、皆様ご注意ください。
お気に入りに登録してくださっていた方は、下のアドレスにリンクしていただくか、
http://www.tokyopc.co.jp
と一度アドレス欄に入力して、東京パソコンスクールのホームページにアクセスした上で、
再度お気に入りに登録し直してくださいますよう、お願い申し上げます。
ドメインの「tokyopc」は、このブログのアドレスと実は同じなので、覚えやすいと思います。

当校ホームページは、また少しずつ新しいお知らせなども載せて参りますので、
当ブログともども、今後とも変わらずご愛読くださり、ご支援を賜りますように、
お願いいたします。
また、お知り合いの方々に、いまどき流行りのビデオを見せて一人で自学させるシステム
ではなく、「1人1人に合わせてきめ細かく、親身なインストラクターが直接手取足取り
ご指導する」教室だと、どうかご紹介くださいませ。

なお、10-11月の当校カレンダー(時間割のコンテンツ)どおり、10月は木曜日定休日が
5日間と、30日が5週目休校日になっていますが、31日の土曜日は例外的に、
(5週目ですが)開講しておりますので、どんどんご利用ください。

10月12日や11月3日の祝日は暦どおりお休みですが、11月23日の祝日は開講しております。
学びの秋です! 11月からは年賀状講座も始まります。これを機に初めての方も、どうぞ思い切っておいでくださいますよう、合わせてご案内申し上げます。

# by mitakamusasino | 2009-10-11 10:28 | 三鷹校 | Comments(0)  

当校ホームページ、少しお休みいただきます

今年ももう秋。三鷹駅前恒例の秋祭りも一昨日終わりました。
みなさまお変わりありませんか?

歴史的な政権交代を国民が選択して、明日は新内閣の船出ということになりますね。
いろいろな意味で、みなさんが"チェンジ"を望んでいたということでしょうか。
しかし期待も大きいだけに、これからが何かと大変なことはまたあるのだろうと、
思っています。

それにしてもイチローという人は素晴らしいですね!
3年前のWBCで人間的な魅力をたっぷり見せてくれて、2回目の今年は一層の
サムライぶりを見せつけられて、私はすっかり彼を尊敬しておりましたが、
昨日のまた、快挙を成しとげたあとの会見の見事なこと!
彼の言葉は、いつも生きているなあと思います。

200本×9年は誰も容易にはできませんが、今後まだ磨きたいところはあるか?と
問われて、「時々崩れる人間性を磨きたい」と言ったとか。
これはまたまた惚れ直してしまう言葉ですね~!

次期首相の鳩山さんも、TVでそれらしいことをおっしゃっていたようですが、私たちも
イチローを見習って、見えないところでの毎日の努力の積み重ねが、パソコン教室と
いう"舞台"で、生徒さんたちに魅力を感じていただける力を発揮することにつながるのだ、
と思うことしきりです。

話は変わりますが、事情がありまして当東京パソコンスクールのホームページは
2週間ばかりお休みさせていただくことになりました。
またすぐ再開いたしますので、その節は変わらずよろしくお願い申し上げます。
 MitakaYoko

# by mitakamusasino | 2009-09-15 17:57 | 三鷹校 | Comments(2)  

原色の季節

8月になりました。蝉が鳴いています。
今年は梅雨明けがはっきりせず、冷夏になるとも言われていますが、
それでも目眩をするような猛暑の日々が、しばらくは続くことでしょう。

普段、教室の中にいると、日中の暑さはあまり分からないのですが、
当校にお越しの皆さんは、道中熱中症などには充分気をつけてください。

かく言う筆者は、北国育ちのせいでしょうか?暑いのがとてもとても苦手です…。
この季節になると、もうガンガンにクーラーの効いた部屋で、冷たいアイスクリーム
を食べ続けたいくらいです。

d0076971_23221989.jpg

アイスクリームといえば、アイスクリームやカキ氷などを食べた時に、頭が「キーン!」
となる、独特の痛みが起こることがありますね? 
この症状、正式名もそのままアイスクリーム頭痛(Ice cream headaches)といって
世界共通のれっきとした医学用語なのだそうです。
そのままの名前なのが、なんとも意外ですが、この痛みが起こる原因やメカニズムが
専門家の間でも未だ不明というのも、また意外です。

ついでに、同じような名前でホットドッグ頭痛というのもあるそうです。
やはりホットドックを食べ過ぎると起こる症状で、アメリカでは割と一般的だそうですが、
日本ではほとんど耳にしないですね。
こちらは原因がはっきりしているようで、ソーセージに使われている防腐剤が血管を
膨張させて起こるのだとか。名前の面白さで笑ってる場合ではない気がしますね。

因みに、チョコレートを食べ過ぎて頭痛になったり鼻血が出ることを
チョコレート頭痛とは…言わないそうです。なんだかちょっと残念。


なんてことを書いていたら、またアイスクリームが食べたくなってしまいました。
アイスクリーム頭痛程度なら良いですが、食べ過ぎてお腹を壊さないよう
みなさんもお気をつけください。

# by mitakamusasino | 2009-08-01 23:20 | 三鷹校 | Comments(2)  

深大寺そば

皆さん、おそばはお好きですか?

俗に「関東そば、関西うどん」などと言われますが、やはり関東で麺類というと、
おそばかラーメンが一般的でしょうか。
かく言う筆者もおそばには目が無いのですが、当校(三鷹校)からほど近い場所に、
その名物そばで全国に名の知られる地域があるのをご存じでしたでしょうか。

先日、当校に通われている生徒さんが『深大寺そば~蕎麦巡りマップ』という三つ折り
のガイド誌を持ってきてくださいました。それは「深大寺」というお寺周辺に点在する21軒
ものおそば専門店の情報が、とても詳細に紹介されているガイドマップでした。
d0076971_1411786.jpg

見ているだけでも楽しく興味深いこのマップは、調布市の観光協会さんが尽力して編纂し、
発行していた物のようです。(同観光協会のサイトからダウンロードすることもできます)

この「深大寺」とは、三鷹市のお隣り調布市にある名刹で、都内では浅草の浅草寺に次い
で二番目に古い、とても歴史と格式のあるお寺です。
そのお寺の門前を中心に、なんと25軒もの深大寺そばの専門店が連なっているのです。
数百mの範囲に、これだけの数のおそば屋さんが密集している場所は他にないでしょう。

古来より武蔵野の台地ではそば作りが行われ、国分寺崖線から湧く豊かな泉の水を使って、
美味しいおそばが作られていました。ある時、徳川第三代将軍家光が、鷹狩りの際に深大寺
に立ち寄り、そこで食したそばを褒め称えたことで有名になったのだそうです。

その後一般庶民に伝わり、武蔵野を散策する文人墨人客に愛され、今や郷土名物として
全国的に知られるようになり、毎年10月に行われる深大寺そば祭り(そば守観音供養
祭)
では、各地から観光で訪れる人たちで賑わいます。

当校(三鷹校)からは、歩いて行くにはちょっと離れているのですが、三鷹通りを南に下り、
三鷹市役所を過ぎて更に10分くらい行くと、右側に広大な神代公園(神代植物公園)
見えてきます。深大寺はその正面になります。

気候も穏やかな新緑の季節、散歩がてら訪れてみるのもいいかもしれません。
おそば目的以外でも、門前町の趣きを味わいながらの一帯の散策は楽しく、
市内在住の漫画家・水木しげるさんにちなむ「鬼太郎茶屋」などもあります。

また、深大寺は全国でも屈指の?縁結び(恋愛祈願)のお寺としても有名なんですよ。
そのとってもロマンチックな理由と歴史は、ぜひ先の観光協会の案内をごらんください♪

# by mitakamusasino | 2009-05-29 16:53 | 三鷹校 | Comments(2)  

青い月と鳥と梯子と

現在、東京大丸ミュージアムで開催されている「ジョアン・ミロ展」を見てきました。
ジョアン・ミロは、ピカソ、ダリと共に20世紀を代表する、スペインの画家です。

故郷カタロニアで、情熱的に生命の輝きを描いた、その独創的な抽象絵画は、
世界中から高く評価されており、2007年12月にパリで行われたオークションでは、
彼の作品『青い星(Blue Star)』が、19億円で落札されたのは記憶に新しいところです。

1970年の大阪万国では、ガス館に陶板壁画を制作するため、来日したこともあります。

そんなミロの5000点以上に昇る代表作の中から、今回70点の油彩や彫刻が、
彼が用いたシンボルを、テーマ毎に分類するという形で展覧されていました。
それはまるで、華やかなパレードを見て行くような、天真爛漫な世界観に、
とても感動いたしました。


…さて、一見、当校にはなんの関係もないような話題と思われたでしょうか?
実は、東京パソコンスクール三鷹校の教室の奥の壁には、ミロの大きなリトグラフが
飾られているのです。
d0076971_16135976.jpg

生徒の皆さんは、お気付きになられていたでしょうか。
当教室に飾られているのは『聖なる手』という作品で、ミロの4色や星、
3本毛など、彼のシンボルがよく現れている作品と思います。

"下手にもかかわらず、ではなくむしろ下手だからこそ画家を目指した"

と自ら語り、万象の本質を追及することに、生涯をささげたミロ。
複雑で混沌とした表層に惑わされず、物事の本質を見抜き単純化する様は、
パソコンを学ぶこととも共通するような気がします。

"むしろ苦手だからこそ、パソコンを使いこなせるようになりたい"

巨匠ミロの絵に見守られながら、そんな気持ちになれる教室を目指して
いけたらと思っております。

# by mitakamusasino | 2009-03-27 16:55 | 音楽・絵画 | Comments(2)  

誰がためのキーボード

「なぜ、あいうえお順に並んでないの?」
「どうして、ABC順じゃないの?」


当教室でも、初めてパソコンを習う人から発せられることのある、疑問の声。
そう、キーボードのキーの並びです。
これは初心者ならずとも、不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。

上段から「Q,W,E,R,T・・・」「た,て,い,す,か・・・」となんの規則性も無い並びは、
確かにパソコンを敬遠したくなる大きな要因かもしれません。
まったくいったい誰が、こんなデタラメな配列に決めてしまったのでしょう?

その起源は、初期のタイプライターの構造に関係しているようです。
19世紀の機械式タイプライターは、キーの近い場所を素早く連打すると、
アーム同士が絡まって、破損することが多かったのだそうです。

これを防ぐために、使用頻度が高いキー同士をわざと離して、
遠くに分散させたのが、今の配列の元となりました。
つまり人間の使いやすさより、機械の都合を考えた配列だったわけです。

機械が壊れないよう、わざと打ち難くしたと言える、なんとも救われない話ですね・・・。

もちろんこれまで、人間にとって使いやすい新しい配列に変えようという試みは
何度もありましたが、大きな成果・普及には至りませんでした。
こういうことには保守的な人も多く、一度慣れてしまった配列を改変するのは、
なかなか難しいということでしょうか・・・。

でも一方で、そんな拘りも無く、携帯で軽やかにメールを打つ最近の若い人を見ていると、
使いやすい新しい入力方式が発明・普及するのも、そう遠くないような気がしています。


そんな未来を予見しつつも、ともかく我々は、現在のキーボードに慣れるしかないようですね。
当教室では、初めての方でも、練習ソフト等を使って無理なく憶えられるよう工夫しています。
どうぞご安心してご相談ください。


最後に、トリビアを一つ。
キーボードの上段の並びをよく見てみると、「TYPE WRITER」(タイプライター)という単語の
綴りが、全て入っていることに気付きます。
これは偶然ではなく、当時のタイプライターを実演販売する営業マン達が、(お客さんの前で
スムーズにタイプできるよう)少し配列を変えた名残りと言われています。

このブログをパソコンでご覧になっている方、手元のキーボードを確かめて見てください♪

# by mitakamusasino | 2009-02-19 22:38 | 三鷹校 | Comments(2)  

砂時計

映画『砂時計』のロケ地としても有名になりましたが、
島根県仁摩町にある「仁摩サンドミュージアム(砂の博物館)」に、
「砂暦」(すなごよみ)という世界最大の砂時計があります。

全高5.2m、直径1mの容器の中に、山形県飯豊山中から採取した鳴き砂が
1トン入っており、これが一年掛かりで落ちるという「一年計砂時計」です。

毎年12月31日から1月1日にかけて、この砂時計を反転させて、
新しい年を迎えるというイベント「時の祭典」が行われています。
今年も、始動した1991年1月1日から19回目となる祭典が行われ、
年男の手により紅白の紐が引かれて、砂暦は反転されました。

砂時計の刻々と流れる落ちる砂は、過ぎ去った時を
その一粒一粒に見せてくれます。
それが全て落ち去り、そして反転してまた新しい時に繋がっていく様は、
まるで脈々と連なる人の世の無常を映しているような気がしてきます…
そんな想いが馳せる、壮大な砂時計でした。


古い年が過ぎ、新い年が始まりました。
途切れることのないこの砂時計のように、皆さまとのご縁が
これからも常しえに繋がっていきますように、願っております。

# by mitakamusasino | 2009-01-13 18:58 | 三鷹校 | Comments(0)  

煌く除月の灯

年の瀬となりました。
この時期は、お歳暮や年賀状の準備、クリスマスに大掃除と、何かと慌ただしくなりますね。
三鷹の駅から当校のある通りの街路樹にも、今月から綺麗なイルミネーションが灯されて、
街も華やいできました。

アドベント時期に入ると、一般の家の戸口にもクリスマス・リースが掛けられたり、
凝ったイルミネーションで飾る家を見かけたりして、クリスマス・ムードが高まりますね。

東京パソコンスクール三鷹校も、正面のウィンドウにクリスマスのジェル・シールを貼り、
戸口の横にポインセチアの鉢植え、そして教室の扉にはリースを飾り掛けて、
ささやかながらクリスマス・ムードを演出しています。

ところで、この「リース」には、大きく二つの種類があることをご存じでしたでしょうか。
形がドーナツ型なのは共通ですが、その材料が、主にモミの木や柊の葉などを結った
「魔除け」的な意味合いのリースと、麦の穂・ブドウの蔓・松ぼっくり・リンゴなど様々な
作物を編み込んだ「豊作・実り」を意味するリースとに大別されます。

中にはどちらの意味にも取れる、ハイブリット系?なリースもあったりしますが。

さて、当校に飾られているリースは、どちら系のものでしょう?
ご機会がありましたら、ぜひ、ご覧になりにきて下さいね。
(写真を ↓ 掲載しました。答えは確認できましたでしょうか)

d0076971_23113371.jpg

今年も残り僅かです。
過ぎ往く一年に思いを巡らせ、そして来年もまた皆様にとって
良いことがありますように、願っています。

今年も、一年間ありがとうございます。
よいお年をお迎えください。

# by mitakamusasino | 2008-12-22 00:00 | 三鷹校 | Comments(0)  

音楽テラピー

爽やかな涼しい風の吹く、過ごしやすい季節になりました。
この「爽やか」とか「爽涼(そうりょう)」という言葉は、俳句の世界では
そのまま秋の季語になるそうです。
この時期の心地良い気候を表した季語だと思いますが、そうすると他の季節で
例えば「爽やかな五月晴れ」などと表現するのは、本来は間違い?というと言い
過ぎかもしれませんね。

また秋は特に、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋、食欲の秋など
と言われ、身体の内なる意欲が高まる季節でもあるようです。

そんな勉強や読書、ドライブのお供に、音楽を聴く人は多いと思います。
気分をリラックスさせてくれたり、時には創造力を高めたり、運転中は眠気を
防止するのにも役立つことがありますね。

東京パソコンスクールの教室でも、授業の間、小さくBGMを流しています。
主にネットラジオ配信によるJAZZを流していることが多いのですが、
生徒の皆さんが心地よく、且つ授業に集中できるような選曲に、
割と頭を悩ませていたりします。

そんな音楽に「病気予防の効果がある」と言ったら、信じられますでしょうか?

『好きな音楽で風邪予防 免疫細胞を活性化』
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20040502001.htm (リンク切れ)

この投稿の時点で↑上のリンク先が無くなっていた為、簡単に要約致しますと、
金沢医科大の山口教授らが、ジャンルに関係なく自分の好きな音楽を聴くと、
身体の免疫細胞が活性し、ウイルス感染細胞が平均40%減ることを実証した、
という記事。

13人の被験者による検証が、難しい専門用語と共に説明されていたのですが、
その効果はかなりのものらしく、山口教授曰く「心地よいと感じる音楽を聴くことは、
風邪などのウイルス感染症の初期及び予防に効果的である。一度聴くだけで
24時間以上、効果が持続することも証明できた」とのこと。

「リンゴを食べると医者いらず」という言葉は聞いたことがありますが、
準えれば「音楽を聴くと医者いらず」と言ったところですね。

涼やかな秋の夜長、読書でもしながら、心地よい音楽を聴いて、
文字通り、心と身体をリフレッシュしてみては如何でしょうか?

# by mitakamusasino | 2008-10-22 00:10 | 三鷹校 | Comments(0)  

三鷹ラプソディ

先日、三鷹校に通う生徒さんで、三鷹に古くから住まわれている方が、
古い昔の三鷹の街の写真や、資料を持ってきてくださいました。
今とは随分雰囲気の違う商店街の様子や、有名な三鷹事件の当時の記事など、
とても興味深く拝見させて頂きました。

東京パソコンスクール三鷹校のある三鷹は、とても歴史の古い街です。
江戸時代、幕府の鷹所(鷹狩り場)だった地に、三鷹村が誕生してから、
実に100年以上もの歴史を刻む街です。

多くの文豪に愛された文豪の街として知られたかと思えば、近年はブロードバンドを活用して
経済発展させた先駆的なIT都市として世界的に知られているという側面もあったりします。
最近は「三鷹の森ジブリ美術館」で、トトロに会える街として親しまれているかもしれませんね。

そんな長い歴史を持つ三鷹を紹介するには、ここではとても足りないので、
今回は「三鷹トリビア」と題しまして、三鷹市の知られざるウンチク?を
かつての人気TV番組のように雑学的に紹介してみようと思います。

・「三鷹」の名前の由来は謎?
 三鷹のは、この場所が江戸幕府の鷹所だったことに由来するのは明白ですが、
 三が何のなのか?はっきりしていないようです。
 鷹狩りを行っていた徳川御三家に由来するとか、世田谷領・府中領・野方領の三領
 またがっていたから等の説が有力ですが、旧三鷹村役場が火災で焼失した為、真偽は
 謎に包まれています。
 因みに三鷹市域の形が、鷹が羽を広げたような形をしているのは偶然のようです。

・三鷹市役所の一部は、調布市に入っている
 市域が複雑に入り組み、5つの自治体と隣接する三鷹市ならではの全国でも珍しい事例。
 因みに三鷹駅の北半分も、武蔵野市に入っていますね。

・三鷹は元は神奈川県
 1889年(明治22年)、市町村制の施行により三鷹村が誕生した時は、神奈川県北多摩郡に
 属していました。東京府に移管されたのは1893年(明治26年)。そして1940年(昭和15年)に
 三鷹町となり、1950年(昭和25年)に市制施行により三鷹市となりました。

・連雀は元は神田にあった町
 1657年(明暦3年)、江戸の大火の後、神田連雀町の世帯がこの地に移住してきた名残り。
 因みに、連雀とは荷物を背負う道具のことで、商人の多かった神田連雀町の名の由来と
 なっています。

・牟礼の名前の由来も謎?
 三鷹市の中で最も古い地名である牟礼(むれ)。この牟礼という地名は、長野県や香川県
 にも存在するのですが、その語源はいずれも山を意味しています。それがなぜ山の無い
 三鷹の地名についたのか?諸説ありますが、定かではありません。

・1年間だけ存在した、幻の鉄道路線がある
 グリーンパーク線というのがそれで、鉄道(廃線跡)ファンには有名なようです。
 1951年(昭和26年)、国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)の本拠地として開設
 された「武蔵野グリーンパーク野球場」(現在の武蔵野市緑町付近)へのアクセスルート
 として、三鷹駅から分岐開通しました。
 ですがプロ野球開催が1シーズンで打ち切りとなり、球場と共に同線も廃線となりました。
 現在、同線跡は遊歩道となっており、三鷹駅西の堀合児童公園から、野球場跡である
 武蔵野中央公園までジョギングコースとして人気です。

・オリンピックの聖火リレーが市内を走った
 1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックの聖火は、全国各地を経て三鷹市に
 入り、新川駐在所、旧市役所前を通り、むらさき橋通りを北上するコースを駆け抜けました。
 ランナーは青少年(計69人)から選抜され、秋雨の中、大勢の沿道の歓声を受けたそうです。

・キウイフルーツが特産品
 知られざる?三鷹の名産品。ワインを嗜まれる方には、三鷹特産の「キウイワイン」
 有名なようです。玉川上水沿いにもキウイ畑や、その直売店をよく目にしますね。
 キウイワインの他にも、「キウイようかん」も人気?です。

・志村けんさん(ザ・ドリフターズ)は三鷹市住民
 東村山出身で知られる志村けんさんですが、現在は牟礼在住。
 近年のコントの中で、三鷹(牟礼)の名が出ることがよくあります。

・ヒロシさん(お笑いタレント)も元三鷹市住民
 「ヒロシです…。」という自虐ネタで人気の芸人さんですが、彼の貧乏時代のネタ話や、
 元ホストをしていたというお店は、三鷹市内にあるお店のことだそうです。


すでにご存じだった事、初めて知った事、どれくらいありましたでしょうか。
実は元原稿の段階では、この3倍くらいのトリビアが用意されていたのですが、
容量の関係上泣く泣く今回の紹介分に絞り込みました。
そんな、まだまだ魅力いっぱいの三鷹の街を、またいつか紹介できたらと思っています。

さて最後に、何か東京パソコンスクール三鷹校のトリビアでもと思ったのですが…うーん…
・東京パソコンスクール三鷹校は、以前は別の場所(上連雀)にあった
以前から通われてる生徒さんは、ご存じの方も多いので、あんまりトリビアじゃないかな?

d0076971_1830484.jpg
            昔と変わらない姿で残る、『どんどん橋(旧牟礼橋)』

# by mitakamusasino | 2008-09-16 00:41 | 三鷹校 | Comments(2)  

一期一会

先日TVを見ていましたら、今人気の黒人演歌歌手・ジェロ(JERO)さんが、
インタビューの席で「座右の銘は?」という質問に、
「一期一会(いちごいちえ)です」と答えていました。

「一期一会」…この言葉が、茶道に由来することわざなのは有名ですね。
『あなたと出会っているこの時間は、二度と巡って来ないかもしれない。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』

という意味の、千利休の茶道の心得です。

その精神がやがて一般化して「人と接する機会を、もう二度と会えないかも
しれないという心構えで、大切にしなさい」という教訓になった訳です。

ともすれば日本人でさえ忘れていそうな、こんな侘び寂びな和の美徳を、
アメリカ出身のジェロさんの口から、さらっと出てくるのも、なんだか
不思議な感じがしました。

そういえば、私の好きな言葉に「さよならだけが人生だ」というのもあります。
ご存じの方も多い名句と思いますが、晩唐の詩人・于武陵の漢詩「勧酒」を
井伏鱒二さんが訳したものです。
これだけ聞くと、なんだか人生を悲観するような言葉に聞こえますが、
原文はもっと長く、この言葉は、その最後(結句)の部分に当ります。

(「勧酒」井伏鱒二訳)
 この盃を受けてくれ
 どうぞなみなみつがしておくれ
 花に嵐のたとえもあるさ
 さよならだけが人生だ

(通訳)
 君に勧めよう、この金の杯を。
 なみなみと注いだ酒を、どうか遠慮せずに受けておくれ。
 美しく咲いた花も、とかく風雨で吹き散らされるように、
 人生にも多くの別れがある。
 だからこそ花が咲いている間は、楽しく酒を酌み交わそう。


訪れる別れを惜しむのではなく、出会えた今この時を喜び、
楽しめるだけ楽しもうよという姿勢は、
やはり「一期一会」の精神に通じるわけですね。
こうしてみると、この精神は、万国共通なのかもしれません。


東京パソコンスクールで出会う生徒の皆さんとは、
もちろん二度と会えない訳ではないですが、
この「一期一会」の精神をいつも忘れることなく、
一つ一つの出会いを大切にして行きたいと思っています。

# by mitakamusasino | 2008-08-08 12:12 | 三鷹校 | Comments(2)  

脆弱性が発覚?

「脆弱性発覚」という言葉を聞くと、「またWidowsのupdateか!?」と条件反射してしまうほど
OSの脆弱性発覚 → update対応と言う流れが、もはや恒例行事のようになっていますね。
(本当は恒例ではいけないと思うのですが…)
でも、先日見かけた「脆弱性発覚」の記事は、ちょっと様子が違うようですよ。。。?

『コーヒーメーカーの脆弱性が発覚』
http://slashdot.jp/security/08/06/20/093207.shtml
なんでもこのメーカーのコーヒーメーカーは、インターネット経由でパソコンから
お好みのコーヒー設定などが行えるものだそうで、そのプログラムに問題があり、
>外部からの不正アクセスによってコーヒーの濃さや水量設定を変更したり、
>互換性の無いパラメータを設定することで故障させることも出来る。

という、まるで子供の悪戯のような事ができてしまうとか。
ただ、コーヒーメーカーに接続したパソコン(XP)にまで侵入して、不正操作ができてしまう
となるとちょっと笑い話では済まないかもしれません。

そういえば、昨今の家電製品もネットワーク対応を謳う、いわゆる「ネット家電」が続々と
登場していますね。テレビやビデオなどのAV機器から、お風呂やエアコン、洗濯機まで
あるそうで、何れも通信回線を通じて、パソコンや携帯を使って、家の外から操作ができ
てしまう。なんとも便利な世の中ですね。

一方でこうしたネット家電が普及してくると、そのシステムの脆弱性を利用する良くない輩が、
不正アクセスにより、例えば、ビデオの録画時間を変えたり…?洗濯機の洗いコースを変え
たり…?お風呂の設定温度を操作したり…? そんな"悪戯程度"の範疇ならまだ良いですが、
故意に事故を起こさせたり、個人情報を盗まれたり…なんて事態になると、本当に笑い話では
済まない事件になる可能性もある訳ですね。
そうすると家電にも、今のパソコンのように、定期的なUpdateが必要になってくるのでしょうか。

…どうも私には「家事くらいはハイテク任せにせず、自分の手でしっかりやりましょう」という、
ちょっと耳に痛い警告のように思えるのは、気のせいでしょうか?

# by mitakamusasino | 2008-07-18 13:19 | 三鷹校 | Comments(1)  

移り変わる、時代と技術

6月になりました。
例年ですと、梅雨が始まり、結婚式場が忙しくなる…そんな、特に注目される月で
もなかったかもしれませんが、今年は、少なくともパソコンに従事する者にとっては、
静観ならざる月となりました。

『Microsoft社は、Windows XPの販売期限を6月30日と設定』
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0529/hot549.htm
これに伴い、一部例外を除いては、各販売社ともXPプリインストールモデルの注文・
受注を今月までに終了、新規購入は完全にVistaのみとなるとか。
それを聞いてか、先月辺りからは「XPの駆け込み注文」が相次いでいるそうです。
まるで、税率復活前のガソリンの駆け込み給油のようですね。

既存のXPのサポートについては、2009年4月14日(延長サポート2014年4月8日)まで
続くそうですが、何れにせよ、約10年余り続いたMicrosoftプラットフォームの、
一つの終焉を迎えると言えるかもしれません。

来年仕様が発表になる新OS『Windows7(仮称)』も、Vistaベースとなるようなので、
好む好まざるに関わらず、今後いよいよVistaへの移行が加速して行くのでしょう。

とは言え、まだまだ圧倒的にXPユーザーが多い現状。ソフトやアプリの対応や、
大量のXP資産を抱える多くの企業などを考えると、世界が完全にVistaに入れ
替わるには、まだ少し時間が掛かりそうです。


東京パソコンスクールでも、XPコースの受講者さんが9割を占めていますが、
それでも最近の新規入会では、Vistaコースを希望する方も増えてきています。
Vistaコースの受講者さんの数が、XPコース受講者さんを上回る…そんな日は、
案外遠くないのかもしれません。。。

# by mitakamusasino | 2008-06-05 12:35 | 三鷹校 | Comments(0)  

ハイテクと、伝統と

「原宿、表参道」と聞くと、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょう。
おシャレな町? ショッピングの町? 流行の発信地?
若い世代の方には、そんなイメージが馴染み深いかもしれませんね。

でも同時に表参道は、日本最大級の神社「明治神宮」の玄関口として、
歴史と伝統のある町でもあります。例年、お正月には約300万人にも
のぼる人々が、初詣の参拝に訪れるのは有名ですね。

その明治神宮で、『今後は"自社"のwebサイトに力を入れていく』
という記事を見かけました。
「明治神宮」公式サイト
http://www.meijijingu.or.jp/index.html
アクセスしてみると、確かに施設案内から、年中行事・祭典、周辺の見所に
至るまで、最新のweb技術を駆使して紹介されています。一部は英語版も
用意され、更にモバイル用サイトまであるという力の入れよう。
元々は放置状態だったwebサイトを、全面リニューアルして、更新も頻繁に
行うことで、多くの人に関心を持って貰うのが目的、だとか。

最新ITを使って、伝統と格式を伝える…なんだか、ミスマッチに感じられますが、
新旧の共存する原宿という町には、不思議と違和感が無いかもしれません。

実際、年中行事などをwebで確認できるのは便利ですが、あまりに便利に
なり過ぎて、将来はネット上で参拝もできる…なんて事になったら、
ちょっと本末転倒かもしれませんね。

東京パソコンスクールでも、「インターネット」や「ブログ」の受講コースは人気です。
今後も益々増えていくと思われる、こうした『伝統施設のweb展開』に関心を持って
ウォッチしてみるのも面白いかもしれません。

# by mitakamusasino | 2008-05-23 23:00 | 三鷹校 | Comments(1)  

三鷹校のマスコット

北のほうでは、まだ桜の季節ですが、東京ではまさに舞い上がったような一種独特な桜の季節を終えて、これからが本格的に、他のいろいろな花をゆっくりと見られる時期で、ゴールデンウィークも楽しみですよね!

あ、ゴールデンウィークといえば、今年は三鷹校は変則で5/2と3(土・憲法記念日)に開講します! おかげさまで土曜日は特に沢山の生徒さんに来ていただいていて、いつも混んで
予約が取りにくくなっているので、五月は5日間開くことにしたのです。どうぞご利用ください!

先日、あるインストラクターが、三鷹校に『カランコエ』を持ってきてくれました。
カランコエっていろんな種類があるのですね。なぜか”頭の良くなる花”と言われているそうですが、花言葉は「幸福を告げる」ですって! 
なかなか丈夫な花でもあるようで、狭い三鷹校の片隅で、小さいながらもけなげにがんばって次々に咲いて、慰めてくれています!

写真の中で、この花の左陰からちょこっと顔をのぞかせているのは、実は、三鷹校の生徒さんで、器用で人生の達人のkiniko9253さんが作って下さった、ビーズのワンちゃんです!
これも、もう長い間、一緒に私たちを見守って癒してくれているのですよ。

d0076971_21405682.jpg

# by mitakamusasino | 2008-04-22 21:41 | Comments(2)  

桜満開ですね!

今年も桜満開の季節になりました!
三鷹・小金井の周りは、桜の名所の公園にもめぐまれていますが、すぐ近くでもあちこちで
見られますから幸せですね。
生徒やインストラクターの皆さんは、もうお花見にお出かけでしょうか? 
今日はあいにくの小雨模様になりましたが、まだ今週いっぱいは楽しめると思いますから、
お散歩がてら見に出かけて、日本人であることを再確認しましょう!?

花粉症の人たちも増えて、教室でもマスク愛用の方が多かったのですが、これからはやっと下降線をたどりますね。
一方で、ご夫婦でどちらかを介護している方、母上、または父上を介護の方などが合わせて5名にもなり、残念ですが休会や退会を余儀なくされていらっしゃいます。
どうかご自身の心身の健康を保つためにも、お花見やパソコンの時間など上手にご自分の時間を作ってがんばってくださいますように、と願っています。

東京パソコンスクール三鷹校では、この桜の季節にふさわしく、社会人としても経験豊かで力のある新しいインストラクターが加わり、とても強力な布陣になりました!  
今後ともご一緒に、楽しく続けていただけますように、どうぞよろしくお願い致します。

        井の頭公園                        小金井公園
d0076971_20462697.jpgd0076971_20465724.jpg

# by mitakamusasino | 2008-03-30 20:50 | Comments(0)  

春はもうすぐ!

立春は過ぎましたが、実際は今が一番寒いときですね。
生徒の皆さんもお風邪や、ノロウィルスなどでダウンされた方が
ちらほらいらっしゃって、お年を召した生徒さんや、お1人暮らしの方の
ことは心配いたしております。
暖かくして温かいものを食べて休むのが一番ですね!皆さんお大事に!

三鷹校は、毎年ですが2月と8月に木曜日以外にも全館休館日があって、
今日と明日は連休です。今年は代わりに、月曜日で祝日の11日に開講
いたしましたら、ずいぶん大勢の皆さんにいらしていただいて、やはり
祝日だからこそパソコンのお勉強に来られるという方もいらっしゃることを
痛感いたしました。土・日も混む日が多いので、お勤めの方たちが、
祝日にもご予約されたようでした。

今日あたりは、北国は酷い寒波に見舞われているようですが、
ここが寒さの峠です。これを越せば、もう春はすぐそこに来ているという
ことです。北国育ちの私は、冬にはいつも思うのですが、
北国に比べれば、寒いと言っても東京はめったに0℃以下になることは
ありませんし、高騰した灯油もあまり使わずに済むというものです。

地球温暖化の昨今、冬はやはり寒くなくちゃいけませんし、だからこそ
春が待ち遠しいのですよね! 春はもうすぐです!
d0076971_17372344.jpg

# by mitakamusasino | 2008-02-13 17:22 | Comments(0)