人気ブログランキング |

MOS世界学生大会

MOS世界学生大会_d0076971_132399.png
 
 MOS(Microsoft Office Specialist)試験の累計受験者数が300万人を超えました!!
MOS試験は、Office97から開始され、現在はOffice2010が最新バージョンです。
ビジネスで必要なパソコン技術を高めるために行われている、マイクロソフトが認定するMicrosoft Office に関する国際資格として、世界中で指示されています。
 Office97当時は、MOUS (Microsoft Office User Specialist)という名称でしたが、名称が長すぎるなどの理由で、2003年(平成15年)11月に現在のMOSに改名されました。

 東京パソコンスクールでも、MOS受験を目指している生徒さんが増えています。事実、MOS資格を取得することで就職活動にもアピールできますし、仕事にも役立ちます。
いろいろな場面で、パソコンの操作に自信を持つことができるというのは、すばらしいことだと思います。
 そのMOS試験に、世界大会があることをご存知でしたか? ただし、学生のみです。
大学、短期大学、専門学校、高等学校、高等専門学校、高等専修学校に在籍する学生で、ワード・エクセル・パワーポイントのMOS試験に合格した学生が資格対象者です。
MOS世界学生大会」は、2003年から毎年行われ、世界各国の学生がパソコンのスキルを競う大会です。
 毎年7月か8月に米国で開催され、決勝戦に出場するには、MOS試験の受験後に、世界大会へのエントリーが必要です。日本大会で入賞した後で、世界大会への出場者が決定されます。
 現在、「“2013年度の日本代表”を目指そう!」ということで、来年度の代表選手の申し込みが始まっています。2012/4/1(日)~2013/3/31(日)の期間中に、MOS試験に合格した学生であれば、だれでも申し込みができます。
 例えばワード部門では、制限時間内に、指定されたレイアウトやデザインでビジネス文書を作成したり、文字の書体や大きさ、色を変えるなどの課題に取り組み、操作の正確さを競います。
 MOS世界学生大会_d0076971_13291768.jpg2011年には、ワード部門で日本の学生がチャンピオンになっています。MOS世界学生大会は、学生だけに与えられている特権なので、自信のある学生さんは、ぜひ貴重な特権を利用して、ワード・エクセル・パワーポイントの世界一を目指してみるのもよいのではないでしょうか?
 2011年度に、ワード部門で世界8位になった学生の通う学校では、「刺激を受け、資格取得を目指す生徒も増えてきた」ということです。
また、8位になった学生は、「ワードだけでなく、エクセルやパワーポイントの技術も向上させたい」とインタビューで答えています。
 このインタビューと世界大会からもわかるように、ワード、エクセルだけではなく、
パワーポイントも今は必須になっています。
 最近では、量販店で売られているパソコンにも、ワード、エクセル、パワーポイントがプレインストールされています。
 パワーポイントを勉強すると、“パワポ部長”にもなれます!

 長く通ってくださっているご年配の生徒さんがおられます。その生徒さんは、自身で活動しておられる報告会に、いつも手書きのメモ用紙を読んでいたのを、実際に自分でスライドを作って、プレゼンテーションをしたいと言われ、現在、一生懸命お勉強中です。
毎回その生徒さんの前向きさに、心の中で拍手を送っています。

 スクールの多くの生徒さんは学生ではありません。しかし、MOS試験にチャレンジすることで、基礎から勉強してきた力試しになりますし、励みにもなると思います。年齢を問わず、MOS試験にチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。
 試験は、オデッセイテスティングセンターで受けることができます。

 今年の世界学生大会は、現地時間の7月29日(日)~8月1日(水)、アメリカのラスベガスで開催されます。決勝戦には、65,000人の中から選ばれた日本代表5人が出場します。
世界での、日本の学生の健闘に注目したいものです。
kado

# by mitakamusasino | 2012-07-13 13:57 | ニュース  

箱根

じめじめとした梅雨の季節に入りましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
先日、箱根を旅行してきましたので、そのことを書きたいと思います。
箱根は、東京から割と近いですし、温泉も沢山あり、訪れたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回は、箱根の仙石原と芦ノ湖周辺を観光してきました。

仙石原では、箱根ガラスの森美術館と星の王子様ミュージアム、ポーラ美術館に行ってきました。梅雨の季節で、なかなかいい天気が続かなかったのですが、訪れた日はたまたま一日中雨も降らず良い天気でした。ガラスの森美術館では、入口のガラスでできた木のオブジェや中に入った庭園の池にかかったガラスのアーチが、太陽の光を浴びキラキラと光って、とても綺麗でした。バラもとても綺麗に咲いていました。美術館の中では、ヴェネチアンビーズ展というのを開催していて、ガラスでできたビーズの装飾品の展示をしていました。
箱根_d0076971_1810758.jpg

星の王子様ミュージアムは、建物の中に入ると、作者のサン=デグジュペリがフランス出身のパイロットであり、パイロットの視点からみた作品が多いことの説明がされていました。作品の中でも子供から大人まで広く読み継がれている「星の王子様」は、キツネのセリフ「かんじんなことは、目にみえないんだよ」など感慨深い文章が多いですよね。

箱根_d0076971_1851773.jpg
ポーラ美術館では、訪れた時にちょうど、モネやルノワールなどのフランス印象派の企画展をやっていました。
ポーラ美術館は、西洋画、日本画、日本の洋画、東洋磁器、またポーラならではの古い時代の化粧道具のコレクションも展示してあり、見応え十分でした。

そのあと芦ノ湖のほうに移動して海賊船に乗りました。20分ほどの船旅ですが、晴れていて湖面が遠くまで見渡すことができました。海賊船を降りた後、近くの箱根の関所を見に行きました。昔の関所の門や建物が再現されていて、中に置いた等身大の人形で昔の関所の様子を表現していました。

箱根_d0076971_18175925.jpg

今回の旅で回ったのは以上なのですが、今ぐらいの時期になると、箱根ではあじさいの花が有名だそうです。色々と楽しみがある箱根へ行かれるのもお勧めします。

mietan

# by mitakamusasino | 2012-06-24 18:34 | その他趣味  

"おかげさまで12周年"開校記念キャンペーン中です!

"おかげさまで12周年"開校記念キャンペーンが始まりました。
6/3(日)~6/27(水)の間に入会された方には、入会金が無料になる特典が
ありますので、お知り合いの方で「そのうち…」などと迷っていた方々には、
これをきっかけに始められますようお奨めください。
(なお、在校生のみなさまのご紹介で入会された場合には、みなさまにも
お礼の商品券を差し上げております。)

去年の開校キャンペーンの時のこのブログを見ると、3月の大震災後、初めての
計画停電も経験して、節電節電という危機感の中にあったことを思い出します。
その昔シンプルライフをめざしていたはずの自分の暮らしも、いつの間にか
モノにあふれた生活になってしまったことに忸怩たる思いで、GNH(Gross
National Happines 国民総幸福度)の高い国、ブータンのことを、書いていました。

GDPで言えば日本よりずっとずっと貧しい国なのに、真っ先に日本に支援金を
送ってくれて、新婚の国王夫妻がその後11月に来日されるとは、何か深い縁(えにし)
を感じないではいられませんでした。
これを機に、日本もブータンをみならい、また、リサイクル社会だったといわれる
日本の江戸時代の良いところを思い起こし、先祖の知恵を復活させたいものです。

さて、やはり昨年ここで、スマートフォンやツイッターの時代になると書きましたが、
1年後のいま、まさに凄い勢いでスマートフォンの世の中になりましたね。
私も、こんど買い換えるときには、やはりスマートフォンかなと思っているぐらいです。
毎日新聞によると、携帯電話から"スマホ"に変えてから、利用時間が以前の倍以上
になったという人が4割を超えているとのことです。

つまり歩きながらネットを見るような人たちが増えたということです。
それに比して、平日に本を読む時間は(国民生活時間調査によると)、全世代平均で
たったの13分だそうです。
ネット時間に浸食されて、活字を読む時間がますます減った結果、人々の思考力を奪う
ことになっているのではないか? という危惧が述べられていました。

たしかに、ネットで簡単に知識を手に入れることができるようになり、あまり長文のものを
じっくり読んで考えなくてもよくなっています。
しかし、その知識は断片であり、箇条書きの知識ですから、自分の頭で考え直し組立て
直して自分の言葉で語るということが少なくなっていますし、きちんとしたコミュニケーション
をとれない若者が増えているように思います。
無論、だからネットが悪いとここで言いたいのではありません。

これも毎日新聞からですが、橋下大阪市長がツイッターを愛用していて、日に平均23回、
多いときには139回もつぶやくそうです!! でも、その内容の多くはTVなどで意見の対立
した人への、「役立たず」とか「バカ」「頓珍漢」などを連発する、厳しい批難や悪口で
140字が費やされていて、ストレス発散の道具になっているようだというのです。
また、この橋下さんのツイッターのフォロワー(読者)が73万人もいるそうで、その、悪口
雑言を読んで、自らが抱えている閉塞感をも解放される気分になっているのでは? 
とも書かれていました。

しかし、これはずいぶん寂しい話ですね。
確かに他人への小気味良い攻撃口調というのは、溜飲を下げてくれることがあるのは
否定しませんが、自分から発信するのならまだしも、こんな洪水のような人の悪口を
毎日読んで、自らもほんとうに解放されるでしょうか? 
現にこの記事を特集した記者は、「確かにライブ感があってドキドキする」し、「力強さを
感じる一方、読み続けるのがつらかった。」と述べています。

こういうものをいくら読んでも、自分の考えを醸成することはできないでしょう。
教室でパソコンの授業を行っていて、最近つくづく感じるのは、生徒さんの世代によって
インターネットの受け止め方が大きく異なることです。
無論例外はあるのですが、いわゆる高齢者といわれる年代の方々に、ネットの世界の
有益さ面白さ楽しさ、を実感してもらうのはなかなか難問のようです。
反対に若い人たちは、「インターネットなんてわざわざ"教わる"必要あるの?」という
ぐらい自明のもので、当たり前に感覚的に受け入れており、いまや必需品になっている
ものです。

この格差を埋めるのが、また私たちの仕事だとは思っているのですが、実際にはそう
簡単ではなく、私たちのプロとしての腕が試されています。
すでにネット社会のますますの波及を止めることは不可能ですし、たとえば車社会の
日常化と同じように、便利さと裏腹に上に書いたような新しい弊害も生まれてきます。
文明・文化の発展とはいつもそういうものでしょう。
国民の97%が「幸福感」をもって現在の生活を受け入れているブータンでも、最近は
テレビの普及とともに若者の非行が顕在化してきており、危機感を持って警戒して
いるといいます。

今年の電力の危機感は関西のほうが強い流れになりましたが、これからの全国民的
課題であることに変わりはありません。
東日本大震災を経験して1年数ヶ月、文明の享受ばかりではなく、それをどうコント
ロールできるか、どう自然環境との折り合いをつけながら、身の丈に合った暮らしを
していくか、が問われ続けています。

ネットで新しいことばかり追うのではなくて、歴史に、昔の暮らしに学び、老人の知恵
を尊び訪ねて、文明の利器を使いこなしていくことが大事なのだと思います。

\"おかげさまで12周年\"開校記念キャンペーン中です!_d0076971_19464816.jpg以前にこのブログでご紹介したことのある、76歳の
ろうあ者 鈴木義夫さんが、こんどは自らの自伝小説
『ろうあのよっちゃん苦闘物語』を文芸社から出版
しました。

とても素朴な暖かい文体で、柔和な鈴木さんの風貌
からは想像もつかない、辛い戦中戦後をたくましく
生き抜いた半生が描かれています。
小学生で親を亡くした「ろうあのよっちゃん」の物語に
は泣かされましたが、私たちが忘れてはいけない人
たちの経験と歴史がここにもありました。

(ご希望の方は、ご本人のサイン入り本が当教室にありますのでお申し出ください。)
 matuyon

# by mitakamusasino | 2012-06-04 00:58 | 三鷹校  

今年もゴールデンウィークは

今年もゴールデンウィークは、武蔵小山「アゲイン」へ。
開店5周年だそうです。石川店主にいろんな話を聞くことができました。

お店への出演希望者は、どんなジャンルでも受け入れる。有名無名に関わらず、ほとんど断らないで全て受け入れることだとか、チケットノルマが無いこと等、出演者にとってどんなに頼りがいのある場所になっているか、表現者にとって、発表する場があるということが、いかに大事なことか。「アゲインへ行けばできる」と。これはもう石川店主一人の場所ではなく、出演者、お客さん、みんなの場所になっていると実感しました。
「あそこに行けば、店主の面白い話が聞ける。説教が聞ける。」と、武蔵小山ではなくてはならない名物店になっています。

石川茂樹店主のお勧めで、盟友平川克美さんの最新作『俺に似たひと』を購入。これは医学書院で看護師さんのためのブログ「かんかん」に発表されたものを元に出版したものです。
テーマは父親の介護という重いものですが、平川さん独特の高度成長期の昭和のにおいのするものです。大田区の工場や商店街など、国中が「明日は良くなる!」と信じて生き生きと生きていたなつかしい時代を、美しく清々しい文体で語られています。
本文の中195ページから

生きているということは「死」を忘れているということなのかもしれない。もし、いつも「死」を思っていたら、人はあれほど屈託なく笑ったり、一生懸命仕事に励んだり、蓄財したり、努力したりすることができないのかもしれない。生きていられるのは、自分がいつかいなくなるということを忘れていられるという才能を持っているからなのかもしれない。

なるほど「忘れる才能」、その通りだと思います。
しかし、昨年の3.11を経て、私たちはその「才能」も陰り、平川さん自身の先の著書にあった『経済成長という病』も思い知らされることになりました。
自然への畏敬の念と共に、死はすぐ隣り合わせにあるということにも気づかされました。

実は、まさに昨年3月11日東日本大震災当日の夜に観に行く予定だった、龍村 仁監督作品『地球交響曲第7番』を、当 東京パソコンスクールの生徒さん数名と、震災10ヶ月後の今年1月20日にやっと観に行けたのでした。これは武蔵野法人会主催の、震災へのチャリティー上映会でした。

第7番のテーマは『霊性の原風景』です。龍村監督曰く
「第7番」では、日本神道の美とその背後にある自然観に触れることによって、私たちの魂の内奥に眠っている“生かされている”という体感が甦ることを願っています。“生かされている”という体感こそが、「霊性」の源だと思うからです。

ガイア(地球)のメッセンジャー、龍村監督でしか撮影できないであろう、いろいろな神事、伊勢神宮内、明治神宮内等、私たち市民が日常目にすることは不可能な、貴重な映像でした。
「全ての生命が 潔く健やかに 生き続けるために」地球交響曲第7番は、機会があったら是非観てほしい映画です。一緒に行った生徒のお1人のOさんは、次の武蔵野公会堂での『地球交響曲第3番』星野道夫編も観に行かれ、大変感動された様子で、次には『第1番』と続けて観に行かれました。どうやら龍村監督の「地球交響曲を共に奏でる魂の友」になられたようです。

話題は変わって、今年も「吉祥寺音楽祭」に行ってきました。
今年は天気に恵まれませんでしたが、最終日には昼過ぎ頃から晴れ間が出て、「小室等&こむろゆい」の親子デュオが聴けました。
往年の名曲「雨が空から降れば」、この曲は昔、青山劇場で別役実作『探偵物語』の演劇の中で、お二人が生出演で歌われたことを思い出しました。

♪思い出はシトシトにじむ…、しょうがない、しょうがない、雨の日はしょうがない…♪ 
そのほか、テレビ『木枯らし紋次郎』の主題歌「誰かが風の中で」、「出発の歌」など名曲を楽しめました。
また「南壽あさ子」さんや「mitatake」など有望な新人もどんどん育ってきて楽しみです。
  mitakamatu

今年もゴールデンウィークは_d0076971_17584254.jpg

   隣家の雪のような白いはなみずき

# by mitakamusasino | 2012-05-16 18:15 | 音楽・絵画  

一笑勉強一笑青春

みなさん、お元気で新年をお迎えでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年は、本当に大変な年でしたね。
今年のお正月は特に、何事もないことが何より有り難く感じながら、私は
のんびりと過ごしました。

東京では、大震災はすでに他人事になっている人もいるように思われますが、
それはちょっと違いますよね。
原発のことをはじめ、解決や復興はまだまだこれからです。被災された方々の
本当のご苦労もこれからでしょう。
私たちの生活の根本を考え直させるような3.11を経験したのですから、
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」わけにはいかないと思っています。

そんな中で、今年被災地で成人式を迎えた若人たちの晴着姿には、
感慨深いものがありました。
一緒に出席できなかった同級生や、津波で亡くした家族もあり、背景には
それぞれいろいろな影を背負っていたことでしょう。それでもやっぱり、
青春は明るくて元気でいいなあ! と、未来を信じて託せる思いがしました。

東京パソコンスクールにも、お一人、今年成人式を迎えた生徒さんが
いらっしゃいます。
いつもはジーパンスタイルの彼女なので、予約してあったお向かいの
美容院MICHIさんで、朝から着物の着付けや髪を結ってもらってお昼に
出てきたときには、光り輝く美しい新成人に変身していました!
さっそくデジカメや携帯で記念撮影をしてパソコンに入れて編集・印刷したのは
言うまでもありません。
彼女は今、MOS資格試験に挑戦すべく毎週がんばって通っています。
今年の上半期にはきっとWordもExcelも合格するでしょうと信じています。

今年成人式を迎えた人たちは1991年に生まれたわけで、バブル崩壊後の
不況しか知らない世代だということでした。
確かにこの20年、政治も経済も暗い話ばかりの中で育ってきたせいか、
堅実な考え方の人たちが多いように思います。人や環境に優しいものの考え方
を抵抗なくする人たちも増えたように思われます。
和食が好きだったり、1つ飛び越えて2-3世代前ぐらいの人たちと理解しやすい
ところがあるように思いますが、反面、外へ向かう元気が足りない男子が増えた
ようで、その点はちょっと心配な面もありますね。
若いのにあまり「いい子」ばかりだと後が怖いように思います。

その分、男子より女子の元気が目に付くようになりました。
今日、なでしこジャパンの澤 穂希さんが、アジアで初めての最優秀選手として
FIFAバロンドール賞をもらったという朗報がありました。
昨年に続き、暗い世相の中でこういう明るい話題には本当に救われます!
今年はロンドンオりンピックに向けて一層の精進をすると、力強く宣言している
姿にこちらも元気が出ます。
同時に受賞した佐々木監督が大事にしている笑顔のある生活は、トシに関係なく、
いえ、トシをとればとるほど余計に大事になりますね!

人は学ぶ動物です。何事も学ぶことに喜びを感じる動物ですから、
遊びの中からも学んできました。
「努力は楽しい!」というCMが流れていますが、努力や精進=学びは「楽」に通じ
「笑」に通じるというわけです。一生勉強を一笑勉強にして、一生青春を一笑青春と
言い換えた相田みつをさんは、そういうことを言いたかったのでショウか?
笑って生きる、同じでショウ!?
今日の佐々木監督の受賞のときの駄洒落「こんな賞を頂いて、ショウショウ
緊張しています。」(ですって!)を見習っちゃいました。(汗。。ちょっとハズカシイ。)

皆さんもおトシにめげずに(?)パソコンを勉強していらっしゃるので、一笑勉強が
一笑青春に通じることをやっていらっしゃるわけです。
今年も脳と体の活性化になるパソコンを続けながら、カラ元気でもいいですから、
せいぜいご一緒に駄洒落でも飛ばして、明るく元気な年にしましょう!
 matuyon

# by mitakamusasino | 2012-01-10 17:47 | ニュース