人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

シスター渡辺和子と岡山ノートルダム清心女子大学

d0076971_16312242.png 渡辺和子氏は、ベストセラー作品『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)の著者です。読まれた方も多くおられることと思います。
最近のことですが、知人から、「ノートルダム清心は、あなたの学校よね」と尋ねられたので、「そう」と答えたところ、「あの本のシスターの学校でしょう?本当にシスターを知っている人がいたのがうれしい!」と言われ、私自身もうれしくなりました。

 1927年、教育総監、渡辺錠太郎氏の次女として生まれ、岡山ノートルダム清心女子大学の学長を経て、現在、ノートルダム清心学園理事長を務めておられるという経歴です。
「ノートルダム清心と聖心は、どう違うの?」とよく尋ねられます。聖心はイエスキリストを崇拝し、ノートルダム清心はマリア様を崇拝するのだと学生の頃教えられました。
学生当時、シスターは学長でした。私にとっては、シスターという呼称よりも、学長という呼び方の方がなんとなく落ち着きます。
 在学中は、「人格論」でシスターの講義を聴講していました。講義のある日は、広い講堂が満席で、寮で生活していた数人のお友達と一緒に講義を聴き、シスターのお話の仕方にうっとりしていたのを思い出します。もっと勉強しておけばよかったなーと、少々後悔ですが…。
いつも微笑みをたたえた、上品な所作に、ほとんどの方がシスターのオーラでファンになります。私の母も、オーラに魅了された一人でした。
『置かれた場所で咲きなさい』を読み、学長をされていた頃、シスターの微笑みの裏には、多くの心の葛藤があったことを初めて知りました。

 卒業後、社会に出て就職し、日々の生活に追われているとき、書店でシスターの著書に出合うとうれしくて、何冊も買い、読むのが楽しみでした。
ノートルダム修道女会に入られる前は、荻窪に住んでおられたことを著書で知り、本に書かれていた荻窪のお店を探して散策したこともあります。シスターもこの道を歩かれたことがあるのかな?と考えながら。

 年に一度、大学の同窓会から会報が届きます。シスターの文書も掲載されていて、それを読むのも楽しみのひとつです。今年の会報に掲載された内容を、少し抜粋してみます。

『私たちは誰しも、「他人にわかってもらえなかった淋しい思い」をした経験があるのではないでしょうか。そんな時に、心が落ち込んだり、相手に腹を立てたりしがちです。私は、そのようなときに、一つの呪文のような言葉を心の中で唱えることがあります。
それは、「one to Oneという短いもので、最初のoneは、小文字で「私」を表し、次のOneは、大文字で「神」を表すのです。自分の立ち位置の原点に戻るといってもよいでしょう。私の相手は、神さま。どれほど悔しいことを言われたり、されたりしても、私と神との関係を揺るぎないものにしておくことが、相手を許し、時には受け入れ、時には相手との距離を置くことを助けてくれます。」・・・「神と私」関係さえ忘れずにいればほかの小さなことは、自ずから片付いてゆく、というマザージュリーの訓えでした。「神と私」一対一という思いは、他のすべてにおいて大切なことだと知りました。他人との関係がこじれたとき、他人からのあらぬ中傷、悪口、誤解等々で心が傷つけられたとき、「すべてをご存知の方がいて下さる」と思い切れるのです。そして、それは「許し」にもつながります。・・・私たちも笑顔を忘れず、すべてをご存知のOneに信頼して、小さなoneとしての(しかし神にとってはかけがえのない)自分と仲良く暮らしてゆきましょう。』
人間は感情の生き物です。この文章を読んで、「淋しい思い」を何度も経験し、これからも経験するであろうときに、乗り切る言葉を心に刻むことができました。

 
 d0076971_16573238.jpg『置かれた場所で咲きなさい』を読み終え、多くの素晴らしい言葉や文章に出会いました。その中で、ひとつだけずっと守っていることがあります。エレベーターの扉が閉まる「間」のことが書かれている「四秒すら待てない私」という内容です。「待つ」という決心を、私もすることにしました。以来、エレベーターに乗って、扉が閉まるまで待つことを続けています。一番むつかしいのが、腹を立てないこと、そして、笑顔を保つということです。いつの間にか怖い顔になっています。シスターの柔和な笑顔を思い出し、笑顔をこころがけたいものです。

 数十年前になりますが、一度、新幹線の山口駅で、私服のシスターとお会いしたことがあります。「卒業生です」とお伝えして、お別れしました。大切な宝物です。

kado

by mitakamusasino | 2014-08-20 17:02 | Comments(2)