人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

私と『小恋』

d0076971_23132815.jpg年末の慌ただしい季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、『小さな恋のものがたり』(作者:みつはしちかこ)という叙情まんがを御存知でしょうか(まんがだけでなく、主人公の心情を「詩」に載せるということで叙情まんがと呼ぶそうです。)。 小柄な女の子チッチこと小川チイコと、背が高くハンサムなサリーこと村上聡の恋愛模様を描いた作品で、作者の高校時代の片思いの失敗エピソードから主人公のチッチが生まれたそうです。

私と『小さな恋のものがたり』(以下『小恋』と書かせていただきます。)との出会いは、確か小学生高学年の頃だったかと思います。地元の図書館で偶然単行本を手に取って読んでみたところ、音符足?の小さな女の子が一生懸命に頑張っている姿が描かれていて、とてもかわいらしかったのを憶えています。私自身もどちらかというと小柄で、当時なんとなく主人公のチッチに親近感も覚えました。作中ではところどころチッチの気持ちが詩で表現されているのですが、まだ小学生だったため内容はあまり理解できなかったかもしれません。ただ季節に合わせた挿絵がとても印象的だったのを憶えています。私は漫画を読み終わった後、最後にあとがきを読むのも大好きで、連載の苦労話やペットのワンちゃんの話など、とても楽しく読んでいました。

『小恋』は毎年5月か6月に新刊が発行され、2007年には第41集が発行されましたが、その後作者の体調不良のため中断となっていました。ところが今年11月に第42集が発売され、私はとても喜びました。早速購入して、まず作者の体調が気になっていたので、あとがきから読み始めました。

あとがきを読み進めるうちに私は涙ぐんでしまいました。

中断のあいだ、御自身の入院にご家族の不幸が重なり、『小恋』を描く意欲がわかず途方にくれていたそうです。ようやく『小恋』を描く意欲がでてきた矢先、今年3月の大震災と原発事故で、また描けなくなったそうです。しかし、実際に被災された方からの励ましのお手紙で勇気をもらい、再び描きはじめることができたそうです。
 私も作者と同じく、被災されてもなお、その中から日本人としての気付きと感謝を見出す逞しさに感動し、改めて平穏な日常の大切さを噛み締めて生きていこうと思いました。

『小恋』がはじめて描かれてから今年で50年だそうです。まだ読まれたことのない方は是非一度手にとってみてはいかがでしょうか?
mietan

by mitakamusasino | 2011-12-10 23:14 | Comments(1)