人気ブログランキング |

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

三鷹校は元気です! 10時から18時まで開講しています。

先週の恐怖の大震災からちょうど今日で1週間になりました。

三鷹校の生徒のみなさんの中には、1週間前の今日は帰宅難民になって、
最長の方は7時間も歩いてご自宅に帰られたという方もいらっしゃい
ましたが、なんとか全員ご無事と思います。
その後も、東京でも毎日地震が続いていますが、みなさんいかが
お過ごしでしょうか?

この1週間は、危機感の中で毎日、情報の錯綜に振り回されたり、
「計画停電」など、初めて経験することが多かったせいか、
最近にしては珍しくも長く感じた1週間でした。
三鷹校のあるこの三鷹センターは、計画停電の情報も二転三転したの
ですが、結局当分の間は、10:00~18:00の営業となりました。
したがって、東京パソコンスクール三鷹校は、毎日元気に変わらず
やっています!
ご自宅で、お一人でとても不安だわ、という方は、どうぞ予約なしでも
お顔を出してください!

被災地の方々には、ほんとうにお気の毒な惨状が、日とともにますます
明らかになりつつあり、なんとお見舞いを申し上げたら良いのか、
わからないほどです。
いまだに、安否の分からない1万人以上もの人たち、そのご家族、ご親戚
の方々は、どんなに心配で眠られずにいらっしゃることでしょう。
福島の原発の心配もつのるばかりですが、地元の方々のことを思えば、
東京では何もパニックになって買い占める必要などありませんね。
風評などに惑わされると、結局は自分たちの首を絞めることにもなります。

大災害のときには必ず出てくる流言蜚語というものが、この度も出ています。
チェーンメール(昔の「不幸の手紙」に似ている)というものや、ミニブログ
などでいいかげんな情報をまことしやかに流している人たちがいますので、
みなさんも出元の不確かな情報には気をつけてください。
不安を煽ることにもなりますし、無駄なメールの大量なやりとりなどは、
それだけ本当に必要とする人たちの妨げにもなりますから、自分の知らぬ間に
迷惑をかける側にはならないようにしたいものです。

不安感は容易に伝染するものですから、人の恐怖感につけこむタチの悪いこと
には加担しないように、逆にストップする側になりましょう!
お互いに冷静に事態を見守って、不眠不休、命がけで現場の対策や支援活動に
追われている方々のご苦労に、せめて感謝と敬意の気持ちを持ちたいと思います。
今は、自分の不安や不満を誰かのせいにしたり、非難・批判したりするときでは
ありませんよね。

100か国以上の国々から、惜しみない支援の手が伸べられているのは、今まで
日本が平和に徹してどの国とも戦争をせずに、貧困な国などへ援助してきたことと
無関係ではないでしょうと思っています。
また、日本人はこういうさ中でも略奪などの暴徒がはびこらずに、整然と行動して
いることに世界は称賛の目で見てくれているそうですね。
少し面映ゆい面はありますが、これを誇りとして、そういう世界の目に恥じない
冷静な態度でお互いに助け合って、この日本の危機を乗り切って行きたいものです。

実は私は、一作日停電を経験して、つくづくといろいろなことを感じました。
何十年ぶり? いや初めての懐中電灯とロウソク下での夕飯に、戦時体制下とは
こんなものかな~?などと想像させられながら、暗さと寒さは人の気持ちもやはり
暗くして行きます。無理にでも明るいハナシをしたものです。
どこまでも便利さを追求してきたツケなのか?昔に比べると、かえってこういうとき
には不便だということや、パソコンのことで言えば、ノートパソコンは停電でも
数時間は使えますが、手元が見えなくても打てる「ブラインドタッチ(最近この言い方は
差別用語だといわれて、"タッチタイピング"というのですが・・)」ができることが、
あぁ便利!と思ったこと、目の見えない方たちはこの暗闇はいつものことだから、
「目明きは不便だね!」なんて思っているかな? とか、ラジオって暗闇で聞くと、
耳が聞こえることの有り難さに加えて、一段とあったか味があっていいね~など、
などです。

今回のこのぐらいの不便さには、私たちは慣れることが必要なのかもしれません。
ふだん、障害のある方々が、自分たちは「不便だけど不幸ではない」とよく言いますが、
それを不幸にしてしまうのは周りです。今回の災害に遭われた障害のある人々が、他の
人々に比べていっそう不幸な立場に追いやられていませんようにと、重ねて祈らずには
いられません。
ほんとうに、今の東京の生活は、少しばかり不便であっても不幸ではないのですから!
みなさん、不安感に負けずに、さあ、元気を出してがんばりましょう!

そして、被災された方々のために何ができるのか?を、一人が1つを考えながら、
"今を"一所懸命生きましょう!!
 matuyon

by mitakamusasino | 2011-03-18 16:46 | 三鷹校 | Comments(2)