人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

『移行期的混乱』

先日銀座へ行ってきました。
「第6回銀座ジャズフェスティバル」の路上ライブは、横浜APEC2010の影響でしょうか?
バンド名も開演時間も知らせないという中で、突然音が出るという異様な幕開けでした。
ギターが中心の質の高いオリジナルの音楽でした。
たしかボヘミヤン・ブルーとかいっていたように思います。

中央線沿線では数多くの音楽祭の歴史がありますが、それらに刺激をうけて
「銀座商店会」でもお祭りをやろうということだと思います。
三鷹でもサンバや阿波踊り、秋祭りなど年々盛んになっていますね。
成熟した大人の町として、商店街も昭和初期からの店や、居酒屋や携帯ショップなどの
フランチャイズの店まで種々あるなかで、ちょうど身の丈に合った、住みやすい町に
発展して来ています。

これからの時代は地域コミュニティーの時代で、「道場」「寺子屋」が鍵になると
いわれていますが、私たち東京パソコンスクールは、この三鷹地域コミュニティー
で、パソコンの寺子屋として、老若男女が集まって学び、発見し、交歓する、
そういう空間です。

以前にもご紹介した、平川社長の新刊『移行期的混乱』を読んで、あらためて
上のようなことを確認したしだいです。
前作の『経済成長という病 いま、本当に考えなければならないこと』に続き、今とは、
どういった時代か?という話です。私たちがいまだかつて経験したことのない、
人口が減少するという少子高齢化の時代、また民主主義が成熟し、右肩上がりの
経済成長から右肩下がりの経済へ移行していく「移行期の時代」ととらえて、
経済成長なしでもやっていける社会を”考想”することであり、その考想がひとびとに
共有されたとき、人口動態もまた平衡を取り戻すはずである。と述べています。
全く同感です。私も共有するひとびとの1人になりたいと思います。

コンビニについても述べられています。 d0076971_18285231.jpg       
コンビニの出現はわれわれの「ライフスタイルを変えたのではないか。
それが家族の性格そのものを変えていく契機となった」「いつでも時間と
金とを自由に交換することができるという観念が人々の価値観の中に浸潤してきた」と。
その通りですね。私たちはいつの間にか仕事、労働を貨幣に変えてしまい、働きがい、生きがいなどをなくしてきたように思います。

それから、「リベラル」という言葉は、英和辞典で見ると最初の意味は「気前がいい」二番目が「たっぷりある」三番目が「寛容である」4番目に「自由な」だそうです。
これは初めて知りました。なるほど、まず相手があっての自由ですからね。
相手に与えてこそ自由があるというわけです。

平川克美著『移行期的混乱』(筑摩書房 \1600)は、現代人がそばにおいて
折々に読んで欲しい本です。
 mitakamatu

by mitakamusasino | 2010-11-17 15:39 | | Comments(0)