人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

草いきれ

夏の暑さを表す言葉に草いきれという言葉があります。
強い陽射しを受けて、草むらから立ちのぼる、むっとする熱気の匂いを表した言葉。
俳句の夏の季語でもあり、俳人達は夏の暑さを風流に詠んでいました。

今日7月25日、東京では観測史上最長となる4日連続の猛暑日(最高気温35度以上)
を記録しました。まさに草木も沸き立つ暑さです。
d0076971_23252688.jpg
今日を境に暑さも一旦落ち着くようですが、それでも夏日(30度以上)はまだまだ続くでしょう。

この暑さで各地では熱中症による被害が続出しているようです。

重態で病院に運ばれたり、死者も出ている状況では、とても風流などと言ってはいられません。

熱中症は、屋外だけでなく、室内でも、また寝ている間でも起きるそうです。
対策としてはまず陽射しを避け、水分をこまめにとること。
ただ、水分ならなんでも良いという訳でもないようです。

よく「お水や、お茶はダメ」という話を聞きます。もちろん通常の状態なら問題ないの
ですが、激しい発汗時に水分のみを補給し続けていると、体液の塩分濃度が希釈され、
やがて水中毒に至る事もあるそうです。

スポーツドリンクのような適度な塩分が含まれる飲料なら、その心配もなく手軽に水分
補給できます。ただスポーツドリンクは、飲み易くする為に含まれる糖分が過多なのと、
ナトリウム濃度が低いため、脱水時に過度に飲み続けると、低ナトリウム血症を引き
起こすこともあるそうです。特に乳幼児は顕著ですので注意が必要です。

その場合、経口補水塩(ORS)という飲料もあります。
これは塩分とナトリウムを理想的に配合した飲料で、薬局や大きなスーパーなどで
売っています。医療の現場でも使用される安全なものですが、あまり美味しいもの
ではない…のが難点でしょうか。
d0076971_0352032.jpg
手近な物としては、味噌汁やスープなどが体液と
塩分濃度も近く、熱中症対策に極めて有効ということが知られています。

いずれにせよ、熱中症は急激な症状変化もあるため、早めの処置が重要です。
上手に水分補給して、暑い夏を乗り切りましょう!

by mitakamusasino | 2010-07-25 18:01 | 三鷹校 | Comments(0)  

プロボノについて

NHKで先日、「プロボノ」について特集していました。
耳慣れない言葉ですが、欧米で始まり日本でも少しずつ普及してきているようです。
ラテン語でPro Bono Publico(公共善のために)を略した言葉だそうですが、専門的な
スキルや知識を生かして社会貢献するということです。

"働き盛りの人たちのボランティア"ですが、いわゆる従来のボランティァという
イメージとはだいぶ違います。
当初は欧米でも、会計士、弁護士などの分野に限られていたのが、最近は分野が
拡がっており、一般企業で専門的な仕事をしている人たち、例えばその番組の中では、
広告、出版、IT関連などのスキルを、仕事が行き詰っているNPOに、何週間かかけて
具体的に提案、提供、アドバイスをして問題解決に貢献し、感謝されているというもの
でした。

プロとしてのスキルを持っている人という前提ですが、30-40代の希望者が男女とも
結構多くいるようです。
応募したある男性の言葉で、「最近仕事の上で、"ありがとう"という言葉を聴いたことが
ない」ので、自分が何か社会の役に立っているのかどうか実感がない、というのです。
私には、とても興味深い言葉でした。
また、別の人は「お客様の顔が見えない」職場なのだと言っていました。つまり机か
パソコンか?にばかり向かっている仕事で、自分の仕事の生きた対象が見えない
ということでしょうか。

まさに『情けは人のためならず』で(最近はこの意味を逆に理解している若者が増えた
そうですが)、外で他の人のために専門スキルで役に立ったと喜ばれると、内に戻って
から自信が持て、本来の仕事のモチベーションも成果もあがっているというのです。
ですからこのプロボノを奨励している一流企業が出てきているそうです。
しかし逆に考えると、やりがい、働き甲斐を感じられない職場が多いということでも
ありますね。

ふりかえって、当教室 東京パソコンスクール三鷹校の職場は、なんとやりがいのある
仕事をさせていただいていることかと思いました!
毎日が勉強で、専門のスキルを磨かなくてはならない苦労は他と同じですが、
1日に何回も「ありがとうございました」という言葉が聴かれ、こちらもまた心を込めて
言い、はっきりと「役に立っている」、「楽しい」と目の前でおっしゃってくださる"お客様"に
囲まれて過ごしている毎日だからです。

わざわざ外へ「プロボノ」をしに行く必要のない職場で、「ありがとう」と言ってくださる
多くの生徒さんたちに恵まれていることに感謝です。
 matuyon

by mitakamusasino | 2010-07-13 14:22 | 映画・テレビ・演劇 | Comments(0)