人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「はやぶさ」帰還

先日、小惑星探査機「はやぶさ」が帰還しました。
7年間60億キロの旅、姿勢制御装置の故障や燃料漏れ等、帰還は何度も絶望視されたようでしたが、3年遅れで帰還しました。省エネ型の新エンジンの、地球からの指示なしで動く自動制御技術の検証は達成できたとのこと、小さな探査機でも遠い天体を目指す基本的な技術を確立できたことは、本当に嬉しいです。
日本人が持っている「物づくり」の技術は継承されていますね。

現代の日本で、1000年以上続いている最古の会社がありますが、それは宮大工の会社(組)だそうです。
中世に日本に来た宣教師が、「例えば家を建てるのでも、西洋ではたくさん図面を描き、それでいろいろと話をし、それからやっと作り始める。ところが日本人は大工の棟梁が何人か集まって、木の板の上に墨でひょひょいと描いて、これでいこうと作り始めて、家が建ったり、橋を架けたりする。非常に素晴らしい!不思議だ!」というふうに書き残しています。

400年前の江戸時代には、羽村の取水関から玉川上水を引いて江戸に配っていたという測量や土木の技術もすごいです。
それから「東芝」の創立者、からくり儀右衛門(田中久重)の数々の発明品は、人を驚かせよう、喜ばせよう、役に立てようという物ばかりです。今の日本のロボット技術につながっています。

田中久重の技術の集大成、万年時計(重要文化財)は、その複雑さと、一度ぜんまいを巻けば1年間持つといわれ、機械式時計では世界でも類を見ない虫歯車という独創的な歯車で回転往復運動をするといいます。七宝などで飾り、優美さと気品があり、美術品としても美しいものです。
東芝は、郵便番号の読み取り機を思索中に、数字を仮名に置き換えて日本語を認識するという、1978年に日本初のワードプロセッサーを発明しています。技術者としての精神は引き継がれていますね。

日本人の精神「もったいない」「おかげさま」「ほどほどに」「足るを知る」「分け合う」をもって、これからの環境にやさしい、省エネ、太陽光発電などで、どんどん世界を牽引していってもらいたいものです。
 mitakamatu

by mitakamusasino | 2010-06-29 20:48 | ニュース | Comments(0)  

d0076971_11243599.jpg
皆さん、6月に入りまして梅雨の季節となりましたね。私の家の近所ではきれいな紫陽花も咲き始めましたが、皆さんのところではいかがでしょうか。

さて、梅雨と聞けば雨。そこで梅雨の必需品として、まず最初に思い付くのが傘なのかなと思います。皆さん傘は長傘や折り畳み傘など何本かお持ちかと思いますが、私はにわか雨に備えていつもカバンに折り畳み傘を1本入れています。

梅雨のこの時期もそうですが、年間を通してみても忘れ物で一番多いのは傘だそうです。もうだいぶ前の話になるのですが、私も傘を無くしたことがあります。それも2回で、2回とも電車に関係があります。
1回目は電車の中に置き忘れてきてしまいました。その時は電車の端の座席に座っていたのですが、皆さんお分かりかと思いますが、雨の日で傘を持っているときに端の座席に座ると、つい手すりに傘を掛けてしまうことがありますよね。その時は私もそうやって傘を手すりに掛けていて、電車が終点に到着した時に、うっかり傘を手すりに掛けたまま降りてしまいました。しばらくして次の乗換えの電車に乗る時になって初めて傘を忘れてきたことに気付いたのですが、もうその時はあとの祭りで、私の傘を乗せた電車は折返しでホームから出たあとでした。その時はそれ以上探しませんでしたが、今考えてみれば諦めずに駅員さんに相談すれば先の駅で探してもらえたのかなと思います。ちょっと値段が高い、いい傘だったので少し残念でした。
2回目は駅のホームでした。その時は駅のホームに立ったまま鞄の中の探し物をしていたのですが、手に持っていた傘が邪魔だったので傍らのベンチの背に傘を掛けていました。そのうちに電車が来たので探し物を中断してあわてて乗ったのですが、傘のことはすっかり忘れていました。2駅ほど行ったところではっと気がついて急いで反対方向の電車に乗って戻ったのですが、傘を忘れてきたベンチには既に私の傘はなく、かわりに何とビニール傘が掛かっていました。ちょっとの間だったのですが、傘を交換されてしまったようでした。トホホ~!

そんな経験もあり、これ以降私は電車の端の座席に座れた時でも、邪魔ではありますが傘は手に持っているようにしています。おかげで最近では傘を無くすことはなくなりました。今回は私の傘を無くした話を書かせて頂きましたが、いかがでしたか? 皆さんは傘を無くしたりしないよう気を付けて下さいね。
mietan

by mitakamusasino | 2010-06-10 11:39 | その他趣味 | Comments(0)  

マイクロソフト Office 2010 、今月発売!

6月です!
今、世の中では、アップルのiPad(アイパッド)が発売されて、大変な騒ぎになっています。
コンピュータの世界では、アップルがマイクロソフトを抜いて、売上トップのようです。
そのマイクロソフトから、6月17日に Office 2010 が発売されます。
マイクロソフトでは、いろんな方々に、Office 2010 を知ってほしいということで、5月の土曜日と日曜日を利用して、「90分でわかる Office 2010 無料セミナー」をマイクロソフト本社で開催していました。
普段は、マイクロソフトの新宿本社には、セミナーなどがない限り入れません。その場所に行くのが楽しみだったのと、“おみやげとスペシャルゲスト”というふれこみも楽しみのひとつでした。

 本社のセミナールームは、休みということもあり、盛況でした。
パワーポイントの映像が映し出され、司会者からの説明が始まると、一言一句聞き逃すまいと、みんな一生懸命です。
Office 2010 のテーマは、「クライアントアプリケーションの進化  PC、ブラウザー、携帯電話、すべてがより早く快適に」ですという発表もありました。
開発者から、IME2010の開発苦労話が披露されました。
IMEというのは、Imput Method Editorの略称です。普通は言語バーと呼んでいます。
もともと日本の製品ではないので、日本語変換が悪いという使用者からの不評が殺到して大変だったと話されました。それを、今回のIME2010では、かなり改善したそうです。
使いやすくなっているかどうか、とても楽しみです。

 スペシャルゲストは、「冴子先生2010」。何それ?と思って、よく考えると、Office 2007になる前の Office 2003 までは、アニメーションでユーザーを助けてくれる、Officeアシスタントがいたのです。その中のひとつが冴子先生。XPのOffice 2003ならご対面できます。しかし、今回の冴子先生2010は、若くてかわいらしい、生きたお嬢さんでした。
この冴子2010が、各地を回って、Office 2010 のキャンペーン活動をしているみたいです。
冴子2010のキャンペーン内容は、「Office 2010 イイネ!」と、みんなに言ってもらえるようにするためです。Office 2010が発売されたら、『Office 2010』 は使いやすいね!といってあげられるように、使いこなせるようになりたいものです!

 同様に、オフィスアシスタントだったカイル君も、カイル2010に昇進していました。
それぞれのTwitterサイトがあるので、紹介しておきます。

冴子ちゃんねる http://www.saeko2010.tv/
冴子先生2010 http://twitter.com/saeko2010
相棒のカイル2010 http://twitter.com/kyle2010

他にも、Office 2010 のいろいろな使い方紹介しているサイトもあります。
Office 2010 TIPS100連発 http://microsoft.com/japan/office/2010/tips/001.mspx

最後に、“おみやげ”は...というと、マイクロソフトオフィスのロゴマーク入りの、派手なオレンジ色の傘でした。
かわいい、冴子先生2010と握手して、おみやげの傘をもらって、マイクロソフト本社を後にしました。
kado

by mitakamusasino | 2010-06-01 16:12 | ニュース | Comments(0)