人気ブログランキング |

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

良いお年をお迎えください!

今年もとうとう暮れようとしています。
21世紀に入るというのでパソコンの世界をはじめ、"ミレニアム"騒ぎをしてから早や10年と
いうわけです。

今年も皆さまに、ほんとうにお世話になりました。心から感謝を申し上げます。
昨年末に続く今年の大不況のさなかにもかかわらず、地域や生徒の皆さまに支えられて、
東京パソコンスクール三鷹校は、変わらず元気にがんばって来ることができました。

新年もまた変わらず、いえ、キャッチフレーズの「"わからない"が言いやすい教室」
として、若い方にも中高年の方々にもますます愛される教室をめざして、スタッフ一同、
一層の精進をしてまいりますので、どうか2010年もよろしくお願い申し上げます。

下の写真は、前回ご紹介した鈴木さんの、シニアボランティアの報告書
 『聴覚障害者の眼で見た マレーシアの実情』 の表紙になっている写真です。

もう一枚は、この年末に三鷹駅北口が演出したイルミネーションです。
南口は以前からイルミネーションの並木がきれいでしたが、吉祥寺にはかなわない
としても、不況にめげないぞっ!という意気込みの感じられる、がんばった北口でした。
1月末まで見られます。

皆さまにとって、来年もどうか健康で良いお年でありますように!
心からお祈り申し上げます。

d0076971_18153180.jpg

d0076971_18161224.jpg

by mitakamusasino | 2009-12-28 18:20 | 三鷹校 | Comments(0)  

”あきらめなければ夢はかなう”

12月15日に榎本オリジナルヨガ健康協会の榎本美代子さんの、お誕生日を兼ねたクリスマス会が、渋谷の『青い部屋』で催され、招待されて行ってきました。
榎本さんは当パソコンスクールに長年通われている方で、その榎本ヨガの生徒さんも何人か当スクールに来てくださっています。会場で、その中のお一人、Tさんにもお会いできて、嬉しくなりました。
ヨガの生徒の皆さん、若い方から80代の方まで会場いっぱいに埋め尽くして、大盛況でした。

榎本さんは長年、歌を歌いたいという夢を持ち続け、数年前にシャンソンの戸川昌子さんと出会い、一歩ずつ着実に力をつけられて、毎年コンサートを開くまでになりました。
素晴らしいですね。榎本さんは「あきらめなければ夢はかなう」を実現されています。
また、ゲストの戸川さんの歌は『銀巴里』時代から聴いておりますが、年を重ねて、いろいろと経験
されてきたことが、歌の色艶となり味わい深いものとなっています。

またシャルル・アズナブールの歌で、ろう者を好きになったけれど、心を通じえない孤独を、
手話をまじえながら歌われました。指先に豊かな感情表現を感じ、こういう歌はシャンソンならではと感動しながら楽しいひとときを過ごしました。
私もアズナブール作曲、なかにし礼の訳詩「ラ・ボエーム」が好きでよく歌います。
お二人をはじめこの会場の皆さんに、これからの高齢化社会は私たちが主役だ! というような元気をいただくことができました。

この秋にも、知人の73歳の鈴木義夫さんが、海外シニア・ボランティアで1年2ヶ月にわたってマレーシアへ行って来られ、その報告書を出版したいということで、当スクールに見えました。
当スクールとしても応援とお手伝いをしたいと思い、20数年来のお付き合いのある㈱サンユーさんという印刷会社を紹介して、立派な報告書が完成しました。
ハリマオ伝説のマレーシアは、日本人が400年以上の白人支配を打ち破り、マレー人の独立に大きな役割を果たしていることなどから、大変な親日国であることなどは意外と知られていないことですね。
マレーシアの生活、習慣、今後の問題点などが詳細に書かれています。
これからボランティアをしようという人たちの貴重な指針となるでしょう。
実は、聴覚障害者では初の海外シニア・ボランティアだそうで、鈴木さんはパイオニアです。

昔、日本で最初の聴覚障害者の弁護士といわれる、松本晶行弁護士の講演を聴いて刺激を受け、自らも弁護士になったというろう者が2人います。
鈴木さんのこの本を読んで、同じく後に続く人が出てくることを信じてやみません。この本が500円ではとても安いと思います。
当スクールにも置いてありますので、どうぞお読みくださいますように。
ちなみに当教室には、日本手話通訳士のインストラクターが居りますので、ろう者には手話でご指導しています。

下のお花は、これも当スクールの生徒さんが、定年退職した今年に根気強く仕上げてくださった、手作りのお花です。とてもパンの粉などでできたものとは思えない見事なものです!
上記の皆さんは、いくつになっても人は自分なりの人生を豊かにすることができ、なにごとも「もう遅い」ということはないことを実践され、教えてくださっています。
  mitakamatu

d0076971_17284069.jpg

by mitakamusasino | 2009-12-21 13:49 | 三鷹校 | Comments(0)