人気ブログランキング |

<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

誰がためのキーボード

「なぜ、あいうえお順に並んでないの?」
「どうして、ABC順じゃないの?」


当教室でも、初めてパソコンを習う人から発せられることのある、疑問の声。
そう、キーボードのキーの並びです。
これは初心者ならずとも、不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。

上段から「Q,W,E,R,T・・・」「た,て,い,す,か・・・」となんの規則性も無い並びは、
確かにパソコンを敬遠したくなる大きな要因かもしれません。
まったくいったい誰が、こんなデタラメな配列に決めてしまったのでしょう?

その起源は、初期のタイプライターの構造に関係しているようです。
19世紀の機械式タイプライターは、キーの近い場所を素早く連打すると、
アーム同士が絡まって、破損することが多かったのだそうです。

これを防ぐために、使用頻度が高いキー同士をわざと離して、
遠くに分散させたのが、今の配列の元となりました。
つまり人間の使いやすさより、機械の都合を考えた配列だったわけです。

機械が壊れないよう、わざと打ち難くしたと言える、なんとも救われない話ですね・・・。

もちろんこれまで、人間にとって使いやすい新しい配列に変えようという試みは
何度もありましたが、大きな成果・普及には至りませんでした。
こういうことには保守的な人も多く、一度慣れてしまった配列を改変するのは、
なかなか難しいということでしょうか・・・。

でも一方で、そんな拘りも無く、携帯で軽やかにメールを打つ最近の若い人を見ていると、
使いやすい新しい入力方式が発明・普及するのも、そう遠くないような気がしています。


そんな未来を予見しつつも、ともかく我々は、現在のキーボードに慣れるしかないようですね。
当教室では、初めての方でも、練習ソフト等を使って無理なく憶えられるよう工夫しています。
どうぞご安心してご相談ください。


最後に、トリビアを一つ。
キーボードの上段の並びをよく見てみると、「TYPE WRITER」(タイプライター)という単語の
綴りが、全て入っていることに気付きます。
これは偶然ではなく、当時のタイプライターを実演販売する営業マン達が、(お客さんの前で
スムーズにタイプできるよう)少し配列を変えた名残りと言われています。

このブログをパソコンでご覧になっている方、手元のキーボードを確かめて見てください♪

by mitakamusasino | 2009-02-19 22:38 | 三鷹校 | Comments(2)