人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

砂時計

映画『砂時計』のロケ地としても有名になりましたが、
島根県仁摩町にある「仁摩サンドミュージアム(砂の博物館)」に、
「砂暦」(すなごよみ)という世界最大の砂時計があります。

全高5.2m、直径1mの容器の中に、山形県飯豊山中から採取した鳴き砂が
1トン入っており、これが一年掛かりで落ちるという「一年計砂時計」です。

毎年12月31日から1月1日にかけて、この砂時計を反転させて、
新しい年を迎えるというイベント「時の祭典」が行われています。
今年も、始動した1991年1月1日から19回目となる祭典が行われ、
年男の手により紅白の紐が引かれて、砂暦は反転されました。

砂時計の刻々と流れる落ちる砂は、過ぎ去った時を
その一粒一粒に見せてくれます。
それが全て落ち去り、そして反転してまた新しい時に繋がっていく様は、
まるで脈々と連なる人の世の無常を映しているような気がしてきます…
そんな想いが馳せる、壮大な砂時計でした。


古い年が過ぎ、新い年が始まりました。
途切れることのないこの砂時計のように、皆さまとのご縁が
これからも常しえに繋がっていきますように、願っております。

by mitakamusasino | 2009-01-13 18:58 | 三鷹校 | Comments(0)