人気ブログランキング |

カテゴリ:その他趣味( 8 )

 

プロ野球ファン徒然・・・

今季、50歳にして対広島カープ戦で登板して見事プロ野球最年長記録を樹立した、
中日ドラゴンズの山本昌投手が32年にも及ぶ現役生活にピリオドを打ち引退しました。今年はその他にも中日・谷繁捕手(44歳)、東北楽天・斎藤投手(45歳)等、一昔前には考えられなかった40代半ばの「息の長い選手」が現役引退していきました(ちなみにプロ野球の現役平均年齢は29歳です)。

余談ですが、記録を紐解いてみると、かつて1950年(昭和25年)11月5日の阪急(現オリックス)vs毎日(現千葉ロッテ)で浜崎真二、湯浅禎夫の両先発投手が共に48歳。両者合わせて96歳の投げ合いとなったことがありました。

最近、スキージャンプの葛西選手(43歳)、サッカーの三浦選手(48歳)等、野球に限らずアスリートの選手寿命が延びています。またさらにサッカーの中山選手(48歳)が現役復帰を目指して奮闘中です。
何故ここのところ、おしなべてスポーツ選手の現役選手寿命が延びているのでしょうか?

やはりよく言われるようにトレーニング方法の発達、怪我の科学的な予防法や治療法など医学的な進歩。そして、投手でいえば無理な連投をなくしたこと(適度な休養の推奨)。さらに、かつてよくやっていた「ウサギ跳び」等の過度に負担のかかる練習方法や「水を飲むことの禁止」等の非科学的なことが無くなっていったことが原因にあげられるでしょうか。
もちろん、基本的に体格が向上していることもあげることができるでしょう。

さて、そして一方ではシーズン終了後、各球団の新監督が出揃い、結果セントラル・リーグ6球団全部の監督が全員40代となりました。これだけいっぺんに若い指導者が出揃ったことは、これも一昔前では無かったことではないでしょうか?

現役選手の年齢が上がる一方、若い指導者が次々と出てくる状態。プロ野球の世界では今、大きな過渡期を迎えている気がします。
しかし、これは間違いなく一般社会の縮図である・・・ということが言えると思います。
さて、これから色んな世代がどう絡み合っていく世の中になっていくのでしょうか・・・?
  sonnet

d0076971_181281.jpg

by mitakamusasino | 2015-10-26 18:07 | その他趣味 | Comments(0)  

箱根

じめじめとした梅雨の季節に入りましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
先日、箱根を旅行してきましたので、そのことを書きたいと思います。
箱根は、東京から割と近いですし、温泉も沢山あり、訪れたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回は、箱根の仙石原と芦ノ湖周辺を観光してきました。

仙石原では、箱根ガラスの森美術館と星の王子様ミュージアム、ポーラ美術館に行ってきました。梅雨の季節で、なかなかいい天気が続かなかったのですが、訪れた日はたまたま一日中雨も降らず良い天気でした。ガラスの森美術館では、入口のガラスでできた木のオブジェや中に入った庭園の池にかかったガラスのアーチが、太陽の光を浴びキラキラと光って、とても綺麗でした。バラもとても綺麗に咲いていました。美術館の中では、ヴェネチアンビーズ展というのを開催していて、ガラスでできたビーズの装飾品の展示をしていました。
d0076971_1810758.jpg

星の王子様ミュージアムは、建物の中に入ると、作者のサン=デグジュペリがフランス出身のパイロットであり、パイロットの視点からみた作品が多いことの説明がされていました。作品の中でも子供から大人まで広く読み継がれている「星の王子様」は、キツネのセリフ「かんじんなことは、目にみえないんだよ」など感慨深い文章が多いですよね。

d0076971_1851773.jpg
ポーラ美術館では、訪れた時にちょうど、モネやルノワールなどのフランス印象派の企画展をやっていました。
ポーラ美術館は、西洋画、日本画、日本の洋画、東洋磁器、またポーラならではの古い時代の化粧道具のコレクションも展示してあり、見応え十分でした。

そのあと芦ノ湖のほうに移動して海賊船に乗りました。20分ほどの船旅ですが、晴れていて湖面が遠くまで見渡すことができました。海賊船を降りた後、近くの箱根の関所を見に行きました。昔の関所の門や建物が再現されていて、中に置いた等身大の人形で昔の関所の様子を表現していました。

d0076971_18175925.jpg

今回の旅で回ったのは以上なのですが、今ぐらいの時期になると、箱根ではあじさいの花が有名だそうです。色々と楽しみがある箱根へ行かれるのもお勧めします。

mietan

by mitakamusasino | 2012-06-24 18:34 | その他趣味 | Comments(0)  

哲学堂公園

今回は、私の自宅近くにある「哲学堂公園」を、何枚か撮ってきた写真も交えて取り上げてみたいと思います。
中野区にある「哲学堂公園」は、明治時代に哲学者の井上円了博士(東洋大学の創始者でもあるそうです。)がつくった公園で、現在は区立の公園として一般に公開されています。公園内には大きな木々が生い茂っているところや、池や小川(人工だと思いますが)が流れているところなどがあり、いろいろ変化に富んでいます。高低差もあり園内の階段を上ったり下りたりすると少し疲れるかもしれません。また、哲学らしい名前(理性島、概念橋、倫理淵など)を付けた建物やら石像やらが数多く(ネット情報ですが77個だそうです。)点在していて、小道をたどって一つ一つ見て回れるようになっています。
その中で「変なの。でも面白いな。」と思ったものが、「哲理門」という立派な門です。門の両側には彫刻が飾られているのですが、なんと飾られているのは天狗と幽霊の彫刻でした。そのためこの門は妖怪門とも呼ばれているそうです。インターネットで検索したのですが、井上博士は、実はこういった妖怪が大好きだった方のようです。また、幽霊梅という梅の木も以前あったのですが、なんとその梅の木の下には幽霊が出るという噂があったそうです。意外とオカルトっぽい公園でもあったのですね。
d0076971_2394916.jpg
この写真が「哲理門」で、門の右側には天狗、左側には幽霊の彫刻が入っています。

d0076971_23124420.jpg写真の赤い色をした塔(それほど高い塔ではないのですが)は「六賢台」で、六賢とは日本の聖徳太子・菅原道真(皆さん、ご存知ですよね。歴史で習いましたし、菅原道真は学問の神様ですものね。湯島天神とか。)、中国の荘子・朱子(皆さん、ご存知ですか。世界史?で習ったかも知れませんね。)、インドの龍樹(りゅうじゅ)・迦琵羅(かびら)(初耳かも。どんな人たちだったのでしょうか?仏教の人らしいですが・・・)のことだそうです。ちなみに「四聖堂」という建物もありました。四聖とは孔子、釈迦、カント、ソクラテスのことだそうです(よかった。今度は全員、名前は分かります。)

d0076971_23154910.jpg
あと紹介したいのが、「哲学の庭」です。ここは最近出来たのですが、お釈迦さまや老子、達磨大師など世界の歴史的な哲学者のブロンズ像が飾られています。作者はハンガリー出身で哲学者・彫刻家のワグナー・ナンドール氏だそうです。
(写真を撮ってきました。手前がガンジーで、奥につつじが咲いています。)

場所は西武新宿線の新井薬師前駅から徒歩15分ほどです。今の時期はつつじが綺麗に咲いていましたが、春の桜も結構有名ですので、皆さんもちょっとお立ち寄りになられてはいかがですか。
mietan

by mitakamusasino | 2011-05-12 23:26 | その他趣味 | Comments(0)  

吉田松陰

みなさんそれぞれ、マイブームがあると思います。
今、マイブームが吉田松陰です。

 私の故郷は萩です。小学生の頃から、吉田松陰は身近な人でした。しかしながら、「偉い人」というのはわかるけど...という、かなり程度の低い知識しかもっていませんでした。
 
 一昨年、萩に帰省した際、萩博物館の「至誠の人 吉田松陰」というパンフレットを目にしました。吉田松陰没後150年記念企画展でした。結局行くことはできませんでしたが、そのパンフレットにより、吉田松陰への興味が増してきました。

 まず、吉田松陰とはどんな人物なのかを知りたいと思い、どのような作家が吉田松陰について書いているのかを、インターネットで検索しました。小学生向けの本、コミック、歴史小説家の作品も多数あり、あまりに多くの作家の作品があることに驚いてしまいました。とりあえず、小学生向けの作品「吉田松陰」(福川祐司著)を読み始めました。
ちょうどその本を読んでいる頃でした。昨年、萩に旅行をしたという、東京パソコンスクールの生徒さんがいらっしゃいました。松陰神社を観光しているときに、地元の椿東小学校の小学生が松陰神社を案内し、説明をしてくれたそうなのです。小学生自身が吉田松陰について研究し学んだことを、実際に人に伝えるのが、授業の一環ということでした。私の小学生時代にはそのような授業はありませんでしたので、すばらしい活動だと感動しました。
もっとすばらしいのは、その当校の生徒さんは、案内をしてくれた小学生の写真を、手紙を書いて、椿東小学校宛に送られたのです。そこから、小学生との手紙によるコミュニケーションが始まったそうです。近頃は手紙を書く方も少なくなりましたので、喜ばれたのかもしれません。

 吉田松陰が開いた松下村塾の門下生には、伊藤博文、山県有朋、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞など多くの指導者がいます。なぜ彼らのような偉い人たちが、山陰の萩の小さい町から出ることができたのでしょうか?その回答を吉田松陰語録からみつけたような気がしました。
 『志をたてるためには、人と異なることを恐れてはならない。
  世俗の意見に惑わされてはならない。死んだあとの業苦を思いわずらうな。
  また、目前の安楽は一時しのぎと知れ。百年の時は一瞬にすぎない。
  君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように...』
 
 『至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり』
 
d0076971_16573997.jpg

 吉田松陰の人物像を知ることで、教育とは人の生き方を左右する効果があること、またどのような人から教育を受けるかというのも、人生に影響を与えるように思いました。
そういう意味では、そこまで大げさではないにしても、生徒さんに教える立場にある私たちも、もっと勉強をしなければいけないと感じてしまいました。
 次回、萩に帰省した時は、もっと自分の町の歴史について勉強し、豊富な知識をもって、吉田松陰ゆかりの地を歩いてみたいものです。
kado

by mitakamusasino | 2011-01-25 17:19 | その他趣味 | Comments(0)  

蔵造りの街「川越」

先日、埼玉県の川越市に行ってきました。
結婚後、一時期さいたま市に住んでいたことがあったのですが、その時は隣の市でありながら一度も川越市に足を運んだことがありませんでした。当時は近いし、いつでも行けるからと思ったからでしょうか。ちなみに川越市は2009年のNHK連続テレビ小説「つばさ」の舞台にもなりました。(連続テレビ小説の舞台としては、埼玉県の登場が全都道府県の中で最後だったそうです。)
川越市までは西武新宿線の特急「小江戸号」で行きました。西武新宿駅から川越市の本川越駅までの所要時間は45分程で、行ったのが平日だったせいか座席も空いていて、とても快適でした。息子は念願の特急に乗れて、とても楽しそうでした。(夏休み中、私鉄の特急ではスタンプラリーをやっているようで、息子は本川越駅で駅員さんからバッジを頂きました。)

さて、川越は蔵造りの町並みで有名ですが、電車の駅からは少し離れた場所にあります。本川越駅に着いたらちょうど改札の前に観光案内所があったので、行き方を聞いたところバスで行くのを勧められました。ちなみに歩くと20分くらいかかるそうです。当日はいい天気で気温もかなり高くなっていたので、子供連れということもあり迷わずバスを選択しました。バスはそんなに待たずに乗ることが出来ました。本数は多いみたいです。10分もかからずに川越の蔵造りの町並みの中心にある「一番街」というバス停に到着しました。
はじめに、よく観光パンフレットにも写真が使われている「時の鐘」に行ってみました。「時の鐘」は川越のシンボルタワーとも称される鐘楼で、今でも6時、正午、15時、18時に鐘をついて時を知らせてくれるそうです。鐘をつくところは見なかったのですが、なんでも今では機械で自動的に鐘をつけるのだそうです。「時の鐘」のすぐ横にソフトクリームを売っているお店を見つけたので、早速食べてみました。味の種類は普通のバニラと、私はまだ食べたことのない「紫いも」というのがありました。私はバニラと「紫いも」のミックスを食べたのですが、ほんのりとサツマイモの甘さが感じられてとてもおいしかったです。そういえば、川越市って昔からサツマイモで有名でしたよね?
次に「蔵造り資料館」に行ってみました。「時の鐘」のすぐ近くで、バス通りに面したこの資料館は、明治26年におきた川越の大火事の後、当時の煙草問屋さんが建てた商家を利用しているのだそうです。中に入ると、奥の方の蔵の中に当時の古い木製の消防ポンプなどが展示してありました。入り口の蔵造りの建物はたぶん当時の人が住んでいたところだと思うのですが、二階に上がって窓からおもての通りを見下ろしたりすることもできるので、ちょっと楽しいですよ。
その次に行ったのが菓子屋横丁です。「蔵造り資料館」からちょっと脇道に入って歩いてすぐのところです。途中のお店でお財布を買ったり抹茶を買ったりと寄り道をしながら歩いたのですが、そんなに時間はかかりませんでした。息子が少し歩き疲れてきていたので、菓子屋横丁自体はほとんど素通りでしたが、駄菓子屋さんの並ぶ昔懐かしい街並みは十分に堪能できました。
そのあともお土産屋さんなどをいくつかまわり、最後に和菓子屋さんの奥の喫茶店で休憩してから帰路につきました。メニューを見ると川越の地サイダー?というのがあって思わずそれを注文してしまいました。最近では地ビールならぬ地サイダーというのがあるのですね。とにかく暑い日だったので、サイダーのさわやかな甘さに、まさに「生き返る~」という感じでした。

d0076971_2228659.jpg川越は東京から近く、蔵造りの町並みも駅からバスで10分ほど移動すればあとは徒歩で見てまわることが出来るので、週末の小旅行などにはぴったりの場所だと思いました。(今回は乗りませんでしたが、巡回バスもあるみたいです。歩いていて何度かレトロな車体を見かけました。)今回は夏の暑い時期だったのですが、もっと秋めいてさわやかな時期になったらもう一度訪れてみたいかなと思っています。
mietan

by mitakamusasino | 2010-08-21 22:46 | その他趣味 | Comments(0)  

帰省

7月末から、8月初めにかけて、両親のいる山口県萩市の実家に帰省しました。
夏休み中でもあり、羽田から山口宇部空港までの機内は、満席に近い状態でした。

宇部空港から山陰側の萩へは、地元のタクシー会社が「宇部-萩間 乗合タクシー」を走らせてくれているので、それを利用します。乗っている時間は、約1時間半位。タクシーだから当たり前なのですが、指定した場所まで連れて行ってくれるのがうれしいサービスです。
今、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」のおかげで、観光客も少しだけ増えているそうです。

萩は、8月1日から3日まで、夏祭りでした。
以前は、海の近くの、神社のお祭りでしたが、現在は、萩市のお祭りになっています。観光客を集める催しに移行しているのかもしれません。

お祭りの一番の楽しみは、1日、夜の「萩 日本海 大花火大会」です。
萩は、日本海に面した漁港の町です。実家も割合海に近い場所にあるので、花火を打ち上げる場所もそんなに遠い場所ではありません。打ち上げる場所は3か所あります。
その3か所の場所から打ち上げられる花火を、家の2階の窓から眺めるのが、最高の花火見物です。それも、とっても間近に見えるのが、大迫力なのです。
今回も、椅子に座って、飲み物を片手に見物しました。
花火大会のプログラムをみると、「開会祝砲」に始まり「閉会」まで、花火にも名称がついていました。しかし、判別できるのは、単発、連発の種別くらいなもので、「あー、上がった!きれいだなー」と思うだけです。それにしても、29種もの花火は、大変盛大なものです。
年々盛大になって、観光客も増えているという話も聞きました。

2日3日もお祭りは続きます。花火大会に続いてのクライマックスは、伝統行事のお神輿とお船謡(おふなうた)です。
見に行ったことはありませんが、今回は、海まで移動する最中のお船を見られたことでした。
青年部や壮年部の方たちが、暑い中を、みんなで台車に乗せて、お船を引っ張っているのは感動しました。
d0076971_1844745.jpg

都会にいると、お祭りは、わざわざ行く遠い世界のものになりますが、田舎に帰ると、とても身近なものです。
やっぱり、田舎の夏祭りはいいものですね。
少しの間だけ、非日常を感じられる帰省となりました。
カド





 
 

 
  

by mitakamusasino | 2010-08-06 17:50 | その他趣味 | Comments(0)  

d0076971_11243599.jpg
皆さん、6月に入りまして梅雨の季節となりましたね。私の家の近所ではきれいな紫陽花も咲き始めましたが、皆さんのところではいかがでしょうか。

さて、梅雨と聞けば雨。そこで梅雨の必需品として、まず最初に思い付くのが傘なのかなと思います。皆さん傘は長傘や折り畳み傘など何本かお持ちかと思いますが、私はにわか雨に備えていつもカバンに折り畳み傘を1本入れています。

梅雨のこの時期もそうですが、年間を通してみても忘れ物で一番多いのは傘だそうです。もうだいぶ前の話になるのですが、私も傘を無くしたことがあります。それも2回で、2回とも電車に関係があります。
1回目は電車の中に置き忘れてきてしまいました。その時は電車の端の座席に座っていたのですが、皆さんお分かりかと思いますが、雨の日で傘を持っているときに端の座席に座ると、つい手すりに傘を掛けてしまうことがありますよね。その時は私もそうやって傘を手すりに掛けていて、電車が終点に到着した時に、うっかり傘を手すりに掛けたまま降りてしまいました。しばらくして次の乗換えの電車に乗る時になって初めて傘を忘れてきたことに気付いたのですが、もうその時はあとの祭りで、私の傘を乗せた電車は折返しでホームから出たあとでした。その時はそれ以上探しませんでしたが、今考えてみれば諦めずに駅員さんに相談すれば先の駅で探してもらえたのかなと思います。ちょっと値段が高い、いい傘だったので少し残念でした。
2回目は駅のホームでした。その時は駅のホームに立ったまま鞄の中の探し物をしていたのですが、手に持っていた傘が邪魔だったので傍らのベンチの背に傘を掛けていました。そのうちに電車が来たので探し物を中断してあわてて乗ったのですが、傘のことはすっかり忘れていました。2駅ほど行ったところではっと気がついて急いで反対方向の電車に乗って戻ったのですが、傘を忘れてきたベンチには既に私の傘はなく、かわりに何とビニール傘が掛かっていました。ちょっとの間だったのですが、傘を交換されてしまったようでした。トホホ~!

そんな経験もあり、これ以降私は電車の端の座席に座れた時でも、邪魔ではありますが傘は手に持っているようにしています。おかげで最近では傘を無くすことはなくなりました。今回は私の傘を無くした話を書かせて頂きましたが、いかがでしたか? 皆さんは傘を無くしたりしないよう気を付けて下さいね。
mietan

by mitakamusasino | 2010-06-10 11:39 | その他趣味 | Comments(0)  

桜の花

皆さん、今年はお花見に行かれましたか?

桜をインターネットで調べてみると、日本は世界的にみても桜の栽培品種が多く、ヤマザクラ・オオシマザクラ・エドヒガンなどを起源とした栽培品種が数多くあり、変種もあわせるとざっと600種類ほどあると考えられているそうです。ちなみに公園や学校の校庭などでよく目にするソメイヨシノは、エドヒガン系のコマツオトメとオオシマザクラの交配で生まれたそうです。

さて写真で掲載した桜は「神代曙(ジンダイアケボノ)」という桜で、ソメイヨシノによく似ていますが、比べるとソメイヨシノよりも花の色が濃いことなどから別の種類とされているそうです。この「神代曙」は都立神代植物公園の名物で、当スクールがある三鷹駅南口から調布駅行きの小田急バスに乗り、神代植物公園前というバス停で降りると見ることができます。

この写真を撮影したのは3月末で、ニュースではちょうど上野公園の桜が八分咲きと報道された日でした。ところが行ってみると神代植物公園の桜は大体三分咲きぐらい、天気も曇りで、気温もあまり上がらず少し肌寒かったです。神代植物公園は調布市にあり、都心の上野公園と同じように考えてはいけなかったのかもしれませんが、写真を沢山撮るぞと意気込んで来たにも関わらず写真を撮るには寂しい日で、もう1週間ぐらい後に来ればちょうど見頃だったのではと少し後悔してしまいました。きっと「神代曙」もまだ三分咲きぐらいかなと期待をせずに見に行ったのですが、なんと「神代曙」だけは八分咲ほどに咲き誇っていました。「神代曙」の美しい花を見て、やっぱり来て良かったなと先程の後悔もどこかへ吹き飛んでしまいました。

写真で見ても、この桜の花のピンク色が普通目にするソメイヨシノよりも濃いことが分かって頂けるのではと思います。実際に花を間近に見てみると花びらの周りが濃いピンク色で、花びらの色が均一なソメイヨシノとは違うことが分かると思います。

今回は「神代曙」を取り上げましたが、これからも東京では枝垂れ桜が見られますし、北の方へ足を運べばまだ見頃な場所もいくつかあると思います。ちょうど今NHKの教育テレビの「歴史は眠らない」という番組で「サクラと日本人」というテーマが取り上げられていますが、日本人がどうして花の中でも特に桜を好むのかなど、歴史をひも解いていくと色々と日本人独自のことが分かるのだなあと思いながら見ています。
 mietan
d0076971_10411915.jpg

by mitakamusasino | 2010-04-10 10:42 | その他趣味 | Comments(2)