人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 32 )

 

シスター渡辺和子と岡山ノートルダム清心女子大学

d0076971_16312242.png 渡辺和子氏は、ベストセラー作品『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)の著者です。読まれた方も多くおられることと思います。
最近のことですが、知人から、「ノートルダム清心は、あなたの学校よね」と尋ねられたので、「そう」と答えたところ、「あの本のシスターの学校でしょう?本当にシスターを知っている人がいたのがうれしい!」と言われ、私自身もうれしくなりました。

 1927年、教育総監、渡辺錠太郎氏の次女として生まれ、岡山ノートルダム清心女子大学の学長を経て、現在、ノートルダム清心学園理事長を務めておられるという経歴です。
「ノートルダム清心と聖心は、どう違うの?」とよく尋ねられます。聖心はイエスキリストを崇拝し、ノートルダム清心はマリア様を崇拝するのだと学生の頃教えられました。
学生当時、シスターは学長でした。私にとっては、シスターという呼称よりも、学長という呼び方の方がなんとなく落ち着きます。
 在学中は、「人格論」でシスターの講義を聴講していました。講義のある日は、広い講堂が満席で、寮で生活していた数人のお友達と一緒に講義を聴き、シスターのお話の仕方にうっとりしていたのを思い出します。もっと勉強しておけばよかったなーと、少々後悔ですが…。
いつも微笑みをたたえた、上品な所作に、ほとんどの方がシスターのオーラでファンになります。私の母も、オーラに魅了された一人でした。
『置かれた場所で咲きなさい』を読み、学長をされていた頃、シスターの微笑みの裏には、多くの心の葛藤があったことを初めて知りました。

 卒業後、社会に出て就職し、日々の生活に追われているとき、書店でシスターの著書に出合うとうれしくて、何冊も買い、読むのが楽しみでした。
ノートルダム修道女会に入られる前は、荻窪に住んでおられたことを著書で知り、本に書かれていた荻窪のお店を探して散策したこともあります。シスターもこの道を歩かれたことがあるのかな?と考えながら。

 年に一度、大学の同窓会から会報が届きます。シスターの文書も掲載されていて、それを読むのも楽しみのひとつです。今年の会報に掲載された内容を、少し抜粋してみます。

『私たちは誰しも、「他人にわかってもらえなかった淋しい思い」をした経験があるのではないでしょうか。そんな時に、心が落ち込んだり、相手に腹を立てたりしがちです。私は、そのようなときに、一つの呪文のような言葉を心の中で唱えることがあります。
それは、「one to Oneという短いもので、最初のoneは、小文字で「私」を表し、次のOneは、大文字で「神」を表すのです。自分の立ち位置の原点に戻るといってもよいでしょう。私の相手は、神さま。どれほど悔しいことを言われたり、されたりしても、私と神との関係を揺るぎないものにしておくことが、相手を許し、時には受け入れ、時には相手との距離を置くことを助けてくれます。」・・・「神と私」関係さえ忘れずにいればほかの小さなことは、自ずから片付いてゆく、というマザージュリーの訓えでした。「神と私」一対一という思いは、他のすべてにおいて大切なことだと知りました。他人との関係がこじれたとき、他人からのあらぬ中傷、悪口、誤解等々で心が傷つけられたとき、「すべてをご存知の方がいて下さる」と思い切れるのです。そして、それは「許し」にもつながります。・・・私たちも笑顔を忘れず、すべてをご存知のOneに信頼して、小さなoneとしての(しかし神にとってはかけがえのない)自分と仲良く暮らしてゆきましょう。』
人間は感情の生き物です。この文章を読んで、「淋しい思い」を何度も経験し、これからも経験するであろうときに、乗り切る言葉を心に刻むことができました。

 
 d0076971_16573238.jpg『置かれた場所で咲きなさい』を読み終え、多くの素晴らしい言葉や文章に出会いました。その中で、ひとつだけずっと守っていることがあります。エレベーターの扉が閉まる「間」のことが書かれている「四秒すら待てない私」という内容です。「待つ」という決心を、私もすることにしました。以来、エレベーターに乗って、扉が閉まるまで待つことを続けています。一番むつかしいのが、腹を立てないこと、そして、笑顔を保つということです。いつの間にか怖い顔になっています。シスターの柔和な笑顔を思い出し、笑顔をこころがけたいものです。

 数十年前になりますが、一度、新幹線の山口駅で、私服のシスターとお会いしたことがあります。「卒業生です」とお伝えして、お別れしました。大切な宝物です。

kado

by mitakamusasino | 2014-08-20 17:02 | Comments(2)  

萩名物郷土菓子「蒸気まんじゅう」

 全国各地には、地元でしか味わえない名物がありますね。
萩市の名物のひとつに、「蒸気まんじゅう」があります。
饅頭というと、丸い形をした皮の中に餡子の入ったものを想像されると思いますが、萩の「蒸気まんじゅう」は、蒸気船の形をした「たい焼き」です。
蒸気まんじゅうが萩だけのお菓子だと知ったのは、東京での生活を始めてからでした。

d0076971_16353923.pngd0076971_16362357.png













 蒸気まんじゅうの由来を調べてみました。
 『蒸気まんじゅうは、幕末に萩沖に出現する黒船を、まんじゅうにして食べてしまえと気勢を上げるために誕生したもので、萩ならではの伝統菓子です。
たい焼きを蒸気船のカタチにしたものですが、たい焼きの誕生は昭和初期で、蒸気まんじゅうは幕末から約120年の歴史があります。
かつては町中の屋台で売られ、庶民の味として親しまれてきましたが、現在では販売する店も少なくなってきたようです。』

 正月元旦には、近所の春日神社に蒸気まんじゅうの屋台が出ます。
実家でお正月を過ごすときには、必ず買いに行くのが楽しみのひとつです。雪が降って寒い時も、雨の時も、参拝の帰りに多くの人が屋台に並ぶので、お参りもそこそこに、列に並びます。待つこと一時間以上、湯気のたつ、焼きたての蒸気まんじゅうを手にして、家路を急ぎます。
昔ながらの紙の袋に入った、ホカホカの蒸気まんじゅうを抱えていると、気持ちもうれしくなるのが不思議です。
 今年のお正月は晴れていたので、写真を撮ることができました。
d0076971_16402527.jpg

NHKのお昼の番組でも紹介されたという、おじさんが焼いていました。
写真を見てもわかるように、5個焼ける鉄板が2つだけですから、数多く買う人がいると、なかなか買えません。それでも列に並んでいると、小さいころのお祭りの出店を思い出して、楽しいひと時でもあります。

 今では、お祭りなどの行事以外には屋台がでませんが、萩しーまーとにはお店があるそうです。d0076971_16463520.jpg
 しーまーとは、萩沖で取れる、たくさんの新鮮な鮮魚類が手に入るので、しーまーとを目的の観光客も多いようです。しーまーと内のレストランでは、日本海でとれた新鮮な鮮魚類を食べられます。

 萩を旅行される機会がありましたら、ぜひ萩しーまーとの新鮮な鮮魚と蒸気まんじゅうを食べてみてください!
kado

by mitakamusasino | 2013-03-05 16:52 | Comments(0)  

日本茶

立春も過ぎ、春めいた暖かさを感じる日もありますが、かといって雪もちらつくような寒い日もあり、寒暖差のある日が続いていますね。
巷では、インフルエンザ、ノロウィルス等々流行していますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

d0076971_2203326.jpg先日、当スクールに通っていらっしゃる生徒さんが「近頃は急須を知らない子供が多いみたいですね。子供が急須を知らないのは、親が急須でお茶を入れていないからでしょうね。」と話していました。恥ずかしながら私自身も、自宅への来客時ぐらいしか急須を使用していないかもしれません。帰宅してから子供に「これなんという名前か知っている?」と自宅にある急須を見せると「えっ、ポット?」という返答が・・・。私も子供が急須のことを知らないのは親の責任だと実感した次第です。

便利な世の中で、今はペットボトルで買える日本茶の種類もたくさんありますね(玉露とかほうじ茶とか)。ペットボトルは外出時には便利ですが、やはり急須でお茶を入れると、手間はかかるのかもしれませんが、ほっと一息ついて美味しくいただけますし、入れ方一つで味わいも変わることに趣も感じます。

昔、母のお使いで知り合いの方へのお中元、お歳暮を買い求めにお茶屋さんに行ったことがあります。お茶屋さんに「何がお勧めですか?」と聞いたところ、よく勧められたのが玉露でした。「入れ方がありますが、喜ばれますよ。」とのことでした。
自分でも飲みたくなったので、一度自宅用に買って帰ったことがあります。母に入れてもらったのですが、甘みのあるお茶で大変美味しかったのを覚えています。

ちなみに日本茶には、抗菌作用、美肌作用など様々な効能・作用があるそうです。
特にこの季節、風邪予防のつもりで日本茶を・・・。急須で日本茶を入れて、ほっと一息ついて味わいを楽しむのも良いかもしれませんよ。

mietan

by mitakamusasino | 2013-02-12 21:02 | Comments(2)  

私と『小恋』

d0076971_23132815.jpg年末の慌ただしい季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、『小さな恋のものがたり』(作者:みつはしちかこ)という叙情まんがを御存知でしょうか(まんがだけでなく、主人公の心情を「詩」に載せるということで叙情まんがと呼ぶそうです。)。 小柄な女の子チッチこと小川チイコと、背が高くハンサムなサリーこと村上聡の恋愛模様を描いた作品で、作者の高校時代の片思いの失敗エピソードから主人公のチッチが生まれたそうです。

私と『小さな恋のものがたり』(以下『小恋』と書かせていただきます。)との出会いは、確か小学生高学年の頃だったかと思います。地元の図書館で偶然単行本を手に取って読んでみたところ、音符足?の小さな女の子が一生懸命に頑張っている姿が描かれていて、とてもかわいらしかったのを憶えています。私自身もどちらかというと小柄で、当時なんとなく主人公のチッチに親近感も覚えました。作中ではところどころチッチの気持ちが詩で表現されているのですが、まだ小学生だったため内容はあまり理解できなかったかもしれません。ただ季節に合わせた挿絵がとても印象的だったのを憶えています。私は漫画を読み終わった後、最後にあとがきを読むのも大好きで、連載の苦労話やペットのワンちゃんの話など、とても楽しく読んでいました。

『小恋』は毎年5月か6月に新刊が発行され、2007年には第41集が発行されましたが、その後作者の体調不良のため中断となっていました。ところが今年11月に第42集が発売され、私はとても喜びました。早速購入して、まず作者の体調が気になっていたので、あとがきから読み始めました。

あとがきを読み進めるうちに私は涙ぐんでしまいました。

中断のあいだ、御自身の入院にご家族の不幸が重なり、『小恋』を描く意欲がわかず途方にくれていたそうです。ようやく『小恋』を描く意欲がでてきた矢先、今年3月の大震災と原発事故で、また描けなくなったそうです。しかし、実際に被災された方からの励ましのお手紙で勇気をもらい、再び描きはじめることができたそうです。
 私も作者と同じく、被災されてもなお、その中から日本人としての気付きと感謝を見出す逞しさに感動し、改めて平穏な日常の大切さを噛み締めて生きていこうと思いました。

『小恋』がはじめて描かれてから今年で50年だそうです。まだ読まれたことのない方は是非一度手にとってみてはいかがでしょうか?
mietan

by mitakamusasino | 2011-12-10 23:14 | Comments(1)  

Skype(スカイプ)を始めてみませんか?

 「マイクロソフトがスカイプを85億ドルで買収」というニュースが流れていましたので、Skypeという言葉を耳にされた方も多いのではないでしょうか。

「使っている」という方、「知っているけれど使ったことがない」という方、「まったく知らない」など、さまざまな方がいらっしゃるのではないでしょうか。
私の周りの人達にSkypeについて尋ねると、「名前は知っているけど、どんなふうに使っていいのかわからない。便利なの?」「ダウンロードの仕方がわからない」という意見が多いことに気づきました。
 震災の時、携帯電話も固定電話もつながりにくい場合でも、スマートフォンのSkypeは繋がったというニュースを耳にしました。
 今回は「Skype 初めの一歩」になればいいと思い、取り上げてみることにしました。

 生徒さんの中にも、留学中の子供さんとSkypeを使って話しているので、離れている気がしないという方がおられました。また、海外に単身赴任をしておられるご主人が、テレビ電話で家族一人一人の顔を見ながら会話ができるので、うれしかったという話も聞きました。
そんな私自身も、Skypeとのお付き合いは昨年からですが、使ってみるととっても便利なソフトでした。

 「Skype」についてインターネットで検索すると、『世界中どこへでも無料コール(無料国際電話)が、楽しめる無料のソフトウェア。Skype同士の通話は、世界中のスカイプユーザに無料で電話をかけることができる。』と説明があります。

「無料なら、ぜひ使ってみたい!」と思われませんか?
でも、どんなふうに使い始めればいいのでしょう?
まず必要なのは、パソコンとWebカメラとマイクです。
近頃は、インターネットに接続できるテレビもありますし、携帯電話のスマートフォンでも使用可能です。
PCメーカーや製品によっては、Webカメラを搭載して販売しています。Webカメラ装備のパソコンならば何も買う必要はありません。また、Webカメラとマイクのセットも多く販売されています。

 Webカメラとマイクがそろったら、次はいよいよSkypeをダウンロードです。
Skypeのホームページにアクセスして、ダウンロードを開始します。

d0076971_7535939.jpg


ダウンローして、パソコンにインストールするとき、Skypeの表示名(Skype名)を入力する画面があります。
表示名は、他人に推測されにくいほうがいいということでしたので、私の場合、ふと思いついたのが、実家で飼っている猫の名前をつなげてみることでした。どんな名前でもいいようです。

インストールが完了したら、すぐにSkypeを使えるようになります。

 遠くに離れていて、会いたいのだけれど、会って顔を見て話をすることができないとき、Skypeのテレビ電話ならすぐ傍にいるような感覚で会話ができます。

 ただ、困ったと感じたのは、とってもリラックスした格好をしているときに呼び出されることです。これは困りますよね。
でも大丈夫!!テレビなしの、通話だけでもOKです。

 みんなでSkypeを始めて、仲間を作ってみませんか?
今までとは違った世界と、新しい楽しみが広がるのではないでしょうか。
kado

by mitakamusasino | 2011-06-22 07:55 | Comments(4)  

羽田空港

暦のうえでは春とはいえ、まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?d0076971_23461652.jpg

先日、子どもがジェット機を見たいというので、羽田空港まで旅客機を見せに行ってきました。羽田空港へは浜松町からモノレールに乗って行きました。都心から電車を乗り継いで羽田空港に行くには、浜松町駅からモノレールに乗って行く方法や品川駅から京浜急行線で行く方法などがあるのですが、今回は子どもの希望でモノレールを使うことにしました。以前にも何回かモノレールに乗せたことがあるのですが、子どもは前方がよく見える先頭車両の前の方の席に座るのがお気に入りです。乗ってみていつも思うのですが、モノレールって下の線路が電車と違って一本で、特に海岸線に差し掛かると下が海っていうところもあるので、少しドキドキしますよね。東京モノレールのウェブサイトを見ると下の線路(軌道桁と呼ぶようです。)の幅は80cmだそうです。

この日は終点の第2ターミナルビルに行きました。第2ターミナルビルには、5階に展望デッキがあって、そこから空港に発着する旅客機を眺めることができます。展望デッキはかなり広くて、この日もたくさんの人が旅客機を見に来ていました。私のように子ども連れの人もいれば、趣味で旅客機の写真を撮りに来ている人もかなりいるようでした。展望デッキのすぐ下では旅客機が到着して乗客や荷物を降ろしたり、出発までの準備をしたりしていて、いろいろな作業をする人や車が行き交う様子がよく見えました。また、長い滑走路を横から眺めて、大きなジェット機が着陸したり離陸したりする光景は、迫力があって子どもだけでなく大人が見ても楽しめますよ。

今回は子どもに飛行機を見せるために羽田空港まで行ってきましたが、楽しい時間を過ごすことができました。ターミナルビルの中にはレストランやお店もたくさんあるので、皆様も休日にお出かけしてみてはいかがですか。
mietan
d0076971_2347199.jpg

by mitakamusasino | 2011-02-22 23:53 | Comments(0)  

葛西臨海公園

最近、気温がぐっと下がってきて、いよいよ季節も秋らしくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は先日、葛西臨海公園に出かけた時の話を書きたいと思います。

d0076971_7315483.jpgさて、葛西臨海公園はJR京葉線の葛西臨海公園駅にあって、私の家からは少し遠いのですが、子供が気に入っていて行きたがるので結構出かけています。公園内には水族館の「葛西臨海水族園」や大観覧車など色々な施設があるのですが、何度も行っているせいか、子供なりに公園内のどの施設を回るのかを決めているようで、いつもまず最初にパークトレインで公園内を一周し、その次に水族館に入って色々な魚やペンギンを見て(魚の中でも気に入ったものがあるようです。)、水族館内のレストランでお子様ランチを食べるというのが大体お決まりのコースになっています。パークトレインというのは汽車の形をした乗り物で、乗客をのせたトロッコを汽車のように何台か連ねながら公園内の道路を大体25分くらいでぐるっと一周します。途中に何か所か停留所があって、一番最後のトロッコに乗っている係員さんに手を挙げれば乗り降りできるのですが、多くの乗客は途中下車せずに公園の外周に沿った道路を一周回って、東京湾を行きかう大型船や海岸の景色などを楽しんでいます。
 水族館では、水槽を泳ぐカラフルな魚を写真に収めてきました。館内の通路は暗いのですが水槽は明るく照明がされているので、コンパクトデジカメでもよく写ります。(魚が驚くので、フラッシュはもちろん禁止です。)d0076971_733283.jpg マグロの展示で有名な水族館なのでマグロの写真撮影にも挑んでみたのですが、マグロは泳ぐのが速すぎて、どうしてもぶれて写ってしまうので失敗でした。魚以外にも、建物の外へ出るとペンギンも飼育されています。水槽のガラスに子供が手のひらを付けると、なぜかペンギンが潜って近寄ってきてガラス越しについばもうとする様子を見せました。私が同じことをやっても寄ってこなかったのですが、なぜでしょう? もしかして、子供の手を餌か何かと勘違いしているのでしょうか? 最後に、この日は初めて子供と一緒に大観覧車に乗りました。今まではいくら乗ろうと誘っても、高いのがこわいのか絶対乗らなかったのに、この日はやっと乗る気になったようです。高さは117mだそうで、一番上に着いた時に下を見ると大人の私でも少しこわかったです。(この日は少し曇っていましたが、観覧車の上からは建設中の「東京スカイツリー」がよく見えました。

 今回は、私と家族の公園での1日をざっと書いてみましたが、皆さんもお近くの公園にでもお出かけしてみてはいかがでしょうか。それではまた。
d0076971_7423041.jpg

 mietan

by mitakamusasino | 2010-10-22 07:51 | Comments(0)  

マイクロソフトセミナー その2

 今回のセミナーは、「Office2010」を使うと、こんなにいろんなことができるよ!という内容で、3人の講師のお話でした。場所はマイクロソフト新宿本社のセミナールーム。100人くらいは収容できそうな会場でした。その中でも面白いと感じた、お2人の話を紹介します。

 まず、田中 亨 氏「誰も教えてくれない本当のExcel 2010」。この方は、Excel Office Tanaka の代表者。「Excelについて知らないことはないので、なんでも聞いてください」と言われたくらいですから、Excelをずーっと使い続けてこられて、良い面悪い面を知り尽くしておられる方です。Excelについての著書も多数あります。

 Office 2010のExcelをユーザーに提案する際、マイクロソフト側では、Excel2010の使いやすくなった内容をピックアップしています。しかしながら、田中氏いわく、実際に使う側にとっては、提案する側とは違う細かい部分でいっぱいいいところがあるのだと話されました。
 一番目は、Office 2010からの新機能「バックステージビュー」です。
Office 2003までずっと慣れてきた、「ファイル」という文字が、Office 2007からはなくなりました。それが、このOffice 2010から復活しました。このバックステージビューは、今まで以上に使い勝手がよくなり、ファイルに関することが集約されているということです。
その内容を少し紹介します。
 ①プレビュー画面を見ながら印刷設定ができる。
 ②最近使用したファイルとフォルダも開くことができる。
 ③いつも使うファイルには、ピンマークをつけて履歴から消えないようにできる。
 ④ファイルの履歴を、1つだけ削除できる。
 ⑤新規作成したブックを名前をつけ忘れて終了しても、回復できる。
以上の内容です。
あまりに力強く提案されるので、実際に操作してみて大変納得しました。

 現在、Office2003からOffice 2010に乗り換える企業が多くなっているそうです。ただ、乗り換える際に注意する点もあり、Office 2003から変わった2010の新機能だけを考えるのではなく、2007から追加された新機能も多くあるので、その機能も抑えておく必要がありますということでした。
 田中氏のお話の内容は、ずっと聞いていても飽きませんでした。もっと聞かせて!!と思わせる講演ができることに感動でした。

 2番目は、高橋 忍 氏。マイクロソフト㈱デベロッパー&プラットフォーム統括本部アーキテクトエバンジェリスト という肩書で、テーマは
PowerPoint 2010を使った効果的なプレゼンテーション」。
エバンジェリストとは、宗教用語で、マイクロソフトの最新技術を伝える伝道師のような役目だと紹介されました。きっと、みんなにエバンジェリストって何?と尋ねられるのかもしれません。

 今、Power Pointは必須になりました。マイクロソフトの社員は、WordやExcelを一生懸命やっている社員よりも、Power Pointを必死でやっている人のほうが多いそうです。
 「フーン、そうなんだー」ときっとみんな感じたことでしょう。
いかにプレゼンテーションの資料をPowerPointでうまく作るか、撃沈率(聴講者が眠ってしまう率)の少ない内容のプレゼンテーションをするか...ということに全力を注いでいるそうです。
 参加者の中には、実際にプレゼンテーションを何度もしてきた方々もおられました。高橋氏が話されることをメモしたり、デジカメで撮影していた人もいました。(いいのかな~?)
 
 高橋氏いわく、Power Pointを使ってプレゼンテーションを作る際に大事なことは、第3者に必ず見て聞いてもらって、ダメ出しをしてもらうこと。
Power Pointの機能を思い切り使って、「結構うまく作れたじゃない!」と思ったものでも、聞いている人には、しつこいと思えることもたくさんあるそうなのです。
 Power Pointの使い方を教える側にとっては、ナルホドでした。
いろんな機能がたくさんあるので、つい使ってしまいたくなります。でも、何事もホドホドがよいみたいです。

 セミナーに参加して、Office 2010が、ユーザーにとってかなり使いやすくなっていることを再確認しました。
カド

by mitakamusasino | 2010-10-08 16:47 | Comments(0)  

三鷹校のマスコット

北のほうでは、まだ桜の季節ですが、東京ではまさに舞い上がったような一種独特な桜の季節を終えて、これからが本格的に、他のいろいろな花をゆっくりと見られる時期で、ゴールデンウィークも楽しみですよね!

あ、ゴールデンウィークといえば、今年は三鷹校は変則で5/2と3(土・憲法記念日)に開講します! おかげさまで土曜日は特に沢山の生徒さんに来ていただいていて、いつも混んで
予約が取りにくくなっているので、五月は5日間開くことにしたのです。どうぞご利用ください!

先日、あるインストラクターが、三鷹校に『カランコエ』を持ってきてくれました。
カランコエっていろんな種類があるのですね。なぜか”頭の良くなる花”と言われているそうですが、花言葉は「幸福を告げる」ですって! 
なかなか丈夫な花でもあるようで、狭い三鷹校の片隅で、小さいながらもけなげにがんばって次々に咲いて、慰めてくれています!

写真の中で、この花の左陰からちょこっと顔をのぞかせているのは、実は、三鷹校の生徒さんで、器用で人生の達人のkiniko9253さんが作って下さった、ビーズのワンちゃんです!
これも、もう長い間、一緒に私たちを見守って癒してくれているのですよ。

d0076971_21405682.jpg

by mitakamusasino | 2008-04-22 21:41 | Comments(2)  

桜満開ですね!

今年も桜満開の季節になりました!
三鷹・小金井の周りは、桜の名所の公園にもめぐまれていますが、すぐ近くでもあちこちで
見られますから幸せですね。
生徒やインストラクターの皆さんは、もうお花見にお出かけでしょうか? 
今日はあいにくの小雨模様になりましたが、まだ今週いっぱいは楽しめると思いますから、
お散歩がてら見に出かけて、日本人であることを再確認しましょう!?

花粉症の人たちも増えて、教室でもマスク愛用の方が多かったのですが、これからはやっと下降線をたどりますね。
一方で、ご夫婦でどちらかを介護している方、母上、または父上を介護の方などが合わせて5名にもなり、残念ですが休会や退会を余儀なくされていらっしゃいます。
どうかご自身の心身の健康を保つためにも、お花見やパソコンの時間など上手にご自分の時間を作ってがんばってくださいますように、と願っています。

東京パソコンスクール三鷹校では、この桜の季節にふさわしく、社会人としても経験豊かで力のある新しいインストラクターが加わり、とても強力な布陣になりました!  
今後ともご一緒に、楽しく続けていただけますように、どうぞよろしくお願い致します。

        井の頭公園                        小金井公園
d0076971_20462697.jpgd0076971_20465724.jpg

by mitakamusasino | 2008-03-30 20:50 | Comments(0)