人気ブログランキング |

「なにひとつ学ばず…」の愚を重ねず

新年のご挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。
本年も、みなさんにとって良いお年でありますようにと願っています。
ご一緒に(おトシに負けずに?)、元気で明るくパソコンライフを楽しめますように!

昨年末にはまたまた政権交代となり、6人の首相が毎年入れ替わったあげく
その1人目の阿部首相に舞い戻っての再スタートとなりました。さて、いったい
どんな年になるのでしょうか?
“アベノミクス”といわれ、今のところ好調な滑り出しのように見えますが、
『景気さえ良くなれば夏の参議院選は勝てる』とばかり、いつも選挙対策の話が
セットでチラついてくるので、つい"疑心暗鬼"になり用心深くなってしまうのは、
この6年間政治に裏切られ続けてきたことから来る、庶民の正直な気持ちでは
ないでしょうか。

景気が良いのに越したことはありませんが、ほんとうには誰にとっての景気なのか、
そして長く安定するのか?が気になります。強くて元気な人ばかりではありませんから、
弱い人や元気のない人たちにとっても景気が良くなって、元気の出る世の中になれば
ほんとうにいいですね。

私たちは一昨年の大震災を経験して、モノに溢れた生活を「もっと」望むのか、
それとも?と自問自答して、生き方を変えようとしてきたはずでした。
3.11から多くのことを学んだのではなかったでしょうか? 

この暮れからお正月にかけて、アカデミー賞候補の映画『レ・ミゼラブル』が日本でも
大ヒットしていて、大勢の人々の感涙をしぼっているとのことです。
フランス王政復古の時代、19世紀前半は産業革命が加速し始めたころで、
貧富の差の拡大が激しくなり貧困にあえいで犯罪に走った人間を、自らも辛酸を
嘗めながら無償の愛で救おうとするジャンバルジャンの話です。
お正月2日には阿部首相夫妻も観に行かれたそうですが、それなら首相には
この映画を大いに教訓にしてほしいと、7日の毎日新聞で専門編集委員の
山田孝男さんが書いていました。

実は、ちょうど暮れの26日に、この同じテーマで仏文学者の鹿島 茂さんという方も
書いていたので、やはり新政権に同じ心配や感慨を持っている人たちが、少なからず
いるのだ、と納得したしだいです。
ナポレオン帝政後の王政復古時代に首相だったタレーランの嘆きの言葉、「彼らは
なにひとつ学ばず、なにひとつ忘れなかった」というのが、実はお二人のテーマです。
「王政復古を果たして復帰した超王党派の政権の周りの権力者たち(彼ら)は、
過去の経験からなにひとつ学ばず、過去の特権、利権をなにひとつ忘れなかった」と
いう意味です。

鹿島氏いわく、王政復古を果たしたのはいいが、「ほかに選択肢がないから、
一度捨てたものを”しかたなく”」選んだというのがこの復古王朝の性質だったのに、
王の周辺の者たちは、それを肝に銘じることができずに、結局大破局を招いてしまった
という歴史の怖い事実でした。
今回の自民党の得票数は、前回の3年前よりむしろ少ないぐらいだったのに、
圧倒的多数の議席を獲得したという現象を、上の王政復古の性質と同じなのだと
鹿島氏は言いたいのです。
古い利権体質から抜けきらないまま”王政復古”してしまったら、前と同じ過ちを繰り
返すことになるのではないかと、氏は深く憂慮しているというのです。

大きな期待とともに大きな不安もありますが、どうか”王政復古”の二の舞にならぬ
ように、今度こそ1年で破局に至らないようにと願わずにはいられません。
私たちも、「なにひとつ学ばず・・・」の愚を重ねずに、3.11から多くのことを学び、
何を考えどう生きなくてはならないのかを、試行錯誤しながらも今年もなお
忘れずに行きたいと思っています。

話は変わりますが、ご自身がヒマラヤに行かれて撮ってこられた写真などを使って、
今年1年分12枚のはがき大カレンダーを、パソコンで見事に作成して、昨年暮れに、
教室に届けて下さったご年配の生徒さんがいらっしゃいます。
素晴らしい作品ですので、みなさんぜひ、教室でお手にとってご覧くださいね! 
そして皆さんも、小さくても新しい課題に挑戦する1年でありますように。

今年の冬は全国的に本当に寒くて、ノロウィルスや風邪も流行っています。
北国に比べればまだまだ東京は暖かいほうですが、みなさんどうかお気をつけて、
お元気で教室に通ってくださいますよう、お待ちしております。

d0076971_10241358.jpg

d0076971_10245589.jpg

 matuyon

by mitakamusasino | 2013-01-13 00:19 | ニュース | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 日本茶 "ヘブン アーティス... >>