人気ブログランキング |

第26回吉祥寺音楽祭

前にもここに書かせてもらった古くからの知り合い、ライブハウス『アゲイン』石川店主のブログで、3月26日に行われたライブを評して、「マダム・ギター・長見順さんのライブは最近になく素晴らしいライブでした。
もしかしたら今年に入って一番感動したライブだった」と述べられていて、写真にギブソンES・335が映っているのを見て、どんな音を出すのだろうか、聞いてみたいなあと思っていたところ、ふと立ち寄った「吉祥寺音楽祭」で長見さんのステージを見ることができました。

また、ベースにはこれも知り合いの牧さん、数年前の「吉音」では高田 渡のベース(ウッドベース)でした。小気味良いシブイ音を出していました。(高田 渡は亡くなる少し前で、「渡さんを尊敬していたので息子さんの名前をもらって自分につけた」という大杉漣や佐野史郎と一緒に、相変わらずの渡ブシを聞かせてくれたっけ・・・)
マダム・ギター・長見さんは独特の奏法と歌唱で、観客をぐんぐん惹きつけていってくれました。
今まで聞いたこともないような音楽で、「中年」とか「ツイッター」がテーマの詩だったり、「地域マンボ」は”ウー”という観客の掛け声と大歓声とともに乗りに乗っていました。
長見さんは司会の加藤さんと音楽仲間らしく、30年ぶりだとか。現在福島在住で、被災されているのに暗さは微塵も無く、明るく生き生きと歌っていました。この音楽を聴いていると、こちらもみんな元気を貰えるようでした。

次に、これも私が20年も前にカセットテープ“Intimacy”で聴いていた日本レゲーの第一人者PJ。13歳から始めて現在42歳だそうです。30年近くいろんな音楽に携わり、出会って磨き上げた音楽です。
PJの歌“Keep on Moving”で ♪過ぎる月日の中で~いろんな事がある~本当の自分を~♪とありますが、PJのテーマPeace Jointを貫いてきた本物の男気を感じます。観客も一つに繋がって、皆で同じ呼吸をしているようでした。
レゲーと五月晴れ、本当に心地よいひと時でした。
 mitakamatu

by mitakamusasino | 2011-05-09 12:57 | 音楽・絵画 | Comments(2)  

Commented by herzookey at 2018-04-03 22:07 x
7年も前のブログにコメントして、ごめんなさい。
ギブソンのES335を検索していたら、辿りついてしまいました。
亡くなった夫が使っていたギターだったので、ブログを懐かしく
読ませて頂きました。ありがとうございます。
Commented by mitakamusasino at 2018-06-19 18:25
herzookeyさん、
すっかりこのブログとご無沙汰して、書き込みも
不精していましたもので、ここにコメントを
頂いていたのにも今日まで気が付かず、誠に
申し訳ありません。
今更ですが、ありがとうございました。

今年の吉音でも、ギブソンを少し聴くことが
できましたが、私自身も最近またギブソンJ45
で弾き語りをぼちぼち再開しております。

ご主人様とも共にギブソンを語れたら
よかったと、真に残念に思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 哲学堂公園 がんばろうニッポン! >>